スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

【映】第9地区

滑り込みで見て来ました。
南アフリカ共和国の首都、ヨハネスブルクの上空に、巨大宇宙船が飛来して28年後・・・と言う設定です。
当初宇宙人たちを保護した地球側でしたが、宇宙人たちとの共存は難しく・・・・。
今までに見た「エイリアン」ものというと、結構エイリアンが姿を現すまでが最大の山場・・と言う感じだったと思いますが、この映画ではド初っ端から宇宙人が「居ます」。
言葉も分からない、文化も常識も生活もまるで違う宇宙人との共存は、とても難しく、第9地区はもう彼らを収容しきれないために、第10地区への移動を命じます。
(きっと第9地区に来る前にも、第1地区から順番にやってきたんでしょう)
普段この世界では、人間同士の中で、区別したり差別したり排除しようとしたりと言う出来事があるのですが(南アフリカ共和国が舞台というのも・・・)、その対象が「宇宙人」になってるというだけでも、かなり突飛な発想で面白かったです。

「堅牢な円盤内の生理的な造形、甲殻生物の臓物、人体の変異、あるいは国家の中のスラム化した特区。それは秩序という硬い甲羅の下で抑圧された無秩序が露わになる文明批判に他ならない。そんな構造を突き破り、なんとクライマックスではロボットアニメ魂を披露し、さらにはハートウォーミング路線へとなだれ込むという超絶技巧。カナダ育ちのブロムカンプは、クローネンバーグの内臓を備えながらスピルバーグの精神を併せもつハイブリッドであることを高らかに宣言する。(清水節)(eiga.com)」


ただねー。私は手振れ映像が苦手。冒頭のインタビュー場面がかなり苦痛でした。結構長かったし。
ラストは怒涛の展開でその苦痛を忘れさせてくれたので、良しとします。(上から目線で失礼)
スポンサーサイト
11:15 : [映画タイトル]た行トラックバック(4)  コメント(2)
これ、「ロード・オブ・ザ・リング」を作った監督さんの作品ですよね。これ、オススメされていて気になっていたんです。監督は、こういう作品が作りたかったそうなんですが。Utubeで、見ました。なんか、微妙でした(笑)。

2010/05/26(水) 19:57:20 | くまま │ URL | [編集]

え、これ、おススメされたのですか?
ちょっと人にはすすめられないなぁ・・・私としては。
まず、第一にグロいですよ。
私はグロは平気だけど、苦手な揺れる手振れ映像にもう、最初からげんなりでした。
そして、長いです。
まだ終わらないのか?と思いましたもん(^_^;)
見終えてみれば、最後が面白かったので、冒頭の手振れと相殺で★3つってとこです。
私はちょっと「疲れた」かなー。
「LOTR」はとっても好きでしたけどね。
ツウ好みの映画と思われますので、おねいさまもひょっとしてお気に召すかもしれませんわよ。

2010/05/27(木) 10:30:08 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

ゴキブリの様なエイリアンが出てくるが、その場所が来月からサッカーワールドカップが始まる南アフリカというところが非常に面白い。様々な疑問がわいてくるが、何一つ明快にならないところがクローバーフィールドに似ている。近年まれに見るSF映画の傑作だと思う。

2010/05/24(月) 14:07:33 | オヤジの映画の見方

独創的なストーリーと、リアリティのある映像。ワクワクする展開でアクションシーンも見ごたえあり。風刺は利いているが笑いに嫌みがないスマートな社会派SFドラマ。

2010/06/01(火) 10:00:55 | 心をこめて作曲します♪

[第9地区] ブログ村キーワード第9地区 (原題:District 9)キャッチコピー:人類、立入禁止。製作国:アメリカ/ニュージーランド製作年:2009年配給:ワーナー・ブラザース映画、ギャガジ...

2010/08/19(木) 11:46:39 | 映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評

『 第9地区 』 (2009)  監  督 :ニール・ブロムカンプキャスト :シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、 ヴァネッサ・ハイウッド、ジョン・ヴァン・スクール、マリア...

2011/03/02(水) 15:42:47 | さも観たかのような映画レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。