FC2ブログ

【映】母なる証明

B0038WLB5K母なる証明 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
Happinet(SB)(D) 2010-04-23

by G-Tools

面白かったーーーーー!!
「殺人の追憶」と同じ監督です。
「殺人の追憶」は2004年に見たので、ずいぶん時間がたっているけど、今まで見た韓国の映画の中で、トップ3に入る面白さ。
・・・そんな、えらそうに言うほど韓国映画観てないんですけど(^_^;)

ちなみに、好きな韓国映画は「オールドボーイ」「チェイサー」そして「殺人の追憶」、系統が全然違うけど「おばあちゃんの家」もはずせない!
そこにこの「母なる証明」も食い込んできました!(・・・とえらそうに言うほど以下同)


主演は、知らない女優さん(キム・ベジャ)と、こっちは知っているウォン・ビン。
余談ですが、前からウォン・ビンはキムタクに似てると思ってたけど、年を経てますます似てきた感じです。

逮捕されてしまった息子のトジュン(ウォン・ビン)は、軽い知的障害者。そのとき母は息子の無実を証明しようと行動を起こす・・・・
というか、ね、母ならこうなってしまうだろう、拘置所から出してやろう、刑務所に行かなくて済むように、なんとかしてやろう・・・と、
親心です。ごく普通に、それが当然の親心で、この母が特別ということはないと思います。
が、そのお母さんを演じている女優さんの演技がすばらしかったです。
表情の一つ一つに胸を打たれたというか、心を揺り動かされたというか・・・私が言うとくさい言い方だけど(^_^;)


激しく内容に触れますが、ゴメンナサイ。
忘れないうちに書きたいので!(^^ゞ  ↓白文字です。
事件当夜の記憶があいまいな息子、思い出させようとする母。
しかし、ひょんなことから、息子は、自分が5歳のときに母親が自分を心中の道連れにしようとしたことも、思い出してしまう部分が印象的。
「母さんは僕を殺そうとした」
と・・・。
そのときのお母さんの演技がもう、すごかった・・。
たとえば、息子に「あの時僕を殴ったよね」とか「あの時僕に酷い事を言ったよね」などと言われてしまうと(言われたことはないけど)、それは「殺そうとしたよね」に比べれば、もっと小さいかもしれないけど、それでも、自分のしたことの重さというか、大きさに、押しつぶされて粉々になりそうな・・・消えてしまいたいような・・・上手くいえないけど・・。
あまつさえ「殺そうとしたよね、母さん」・・・なんて言われたら、どうなってしまうか・・・っていうと、こうなるんだろうなぁ・・というリアルな演技でした。
結末がまた、皮肉で・・・悲しすぎる。そして、すごすぎる。
要するに冤罪になるわけですが、こらがまた知的障害者の男性。
「親はいるのか」と、面会室で聞く母に「いない」と答える、その男性。
母は号泣します。あの号泣の意味は??
この哀れな男の子に罪をなすりつけようとしている、自分の更なる罪の深さに号泣したのかな・・・
と思ったけど、実はほっとしたのでは。
もしも、この子に母が居たら、自分と同じように心を砕く母が居たら・・その母のためにも
真実を打ち明けようと思っていたんじゃないかな?
でも、居ないと知って、真実を打ち明けるのをやめた・・・息子と引き離されなくて済む
自分たちの今の生活を失わなくて済むという、その安心に、号泣してしまったのかな・・・
と、思ったんですけど。
だけど、それだって一時しのぎなのかも。
きっといつかは思い出すと思う。
そのときどうするつもりなのか。
いや、母のしたことを分かっているトジュンは、本当は自分のしたことも分かっているのかもしれません。
それでも母はハリを打ち、忘れ去ろうとする。そんなこと、人間として許されるわけないのに。
でも母として、自分はソレを選ぶのです。いいのか、いいのか?
スッキリしないエンドです。モヤモヤが残りまくります。
そのモヤモヤを含めて、この結末に納得してしまいました。
「殺人の追憶」のときもそうだったけど、そのあたりが上手いなぁと思います。


↑白文字ここまで


ともかく、あの女優さんの演技に尽きる気がするけど、脚本もすばらしいですな。深く満足の一本でした。
スポンサーサイト



10:48 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(2)
shortさん、こんにちは。

shortさんが「母なる証明」を見られていたので、嬉しくなって書き込みしました。

この映画の監督さんってうまい!ですよねえ。ミステリ的にはどうってことないけど、見せる力があると思います。

韓国映画がちょっと衰退ぎみですが、また面白い作品に会えるといいですねv

2010/05/15(土) 13:41:24 | なおぞう │ URL | [編集]

なおちゃん、いらっしゃいませ~!
コメントありがとうございます!
母なる証明、すっごく面白かった!!
好みの作品です。
私なんぞの予想を裏切る展開が待ってて、唖然としてしまいました。
韓国映画
それほど見てないんだけど、まだまだ面白そうなのがありそうですよ。
衰退しているの?
「牛の鈴音」とか「渇き」とかが楽しみ~~!
また面白いのがあったら教えてください。
なおちゃんのブログ、チェックさせてもらってますよん(^^)

2010/05/19(水) 20:40:31 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL