FC2ブログ

【本】ナニカアル/桐野夏生

410466703Xナニカアル
新潮社 2010-02-26

by G-Tools



桐野さんが描く林芙美子の生涯。
戦争に翻弄されながら、一人の男を愛し、もとめ続ける女のサガが、強く描かれていた。
実在の作家を描くにはあまりにもスキャンダラスな内容で、モデルの林芙美子がすでにこの世の人ではないとわかっても、そこまで書いても良いのか?と心配になるほど。
しかし驚くほど迫真に満ちていた。
戦時下の文壇の様子なども面白く、戦争協力をしたとかしないとか後から批判するのは容易だけど、そのときその立場でないと決して分からないものだろうと実感した。蛮勇は周囲を不幸にすると言う言葉も印象的だった。
ずっしりと濃密な小説で読むのに時間がかかったが、ひさしぶりに桐野作品で堪能させてもらった!
スポンサーサイト



21:10 : [本・タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL