【本】浅間山荘事件の真実

430901349X浅間山荘事件の真実
河出書房新社 2000-04

by G-Tools


日テレのワイドショーのニュース解説で知られている、久能靖さんの書いた、マスコミ側から見た連合赤軍の手記。

正直言って疲れてきたので(続けざまに連合赤軍を読んで来て)浅間山荘の部分は流し読みしてしまった。

興味深かったのは、救出された後の浅間山荘の管理人奥さんのこと。
人質となりタダでさえ恐ろしい気持ちの10日間をすごし(坂口の手記によれば、人質ではないとしたらしいけど、緊縛やトイレも見張られていたと言う)、犯人逮捕の際の強行突撃に巻き沿いをくらい、水浸しになるわ、被弾の恐怖にはあうわ、モンケンが別荘を壊していて自分にも被害が及ぶかもしれないわと言うあれだけひどい思いをさせられたうえに、救出後に記者会見で言ってしまった何気なく出た一言から揚げ足を取られたり、言ってもいないことが言ったこととして報道されたりと言うことで言われない糾弾や罵倒を浴びるという、実に気の毒な二次被害が大きかったようです。
その後、マスコミには黙して語らない姿勢を貫かれているそうで、さもありなんと同情してしまいます。


スポンサーサイト
13:58 : [本・タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL