FC2ブログ

【映】Disney'sクリスマス・キャロル

クリスマス・キャロル2


有名な物語を、ディズニーが映画にした。。予告も面白そうだったし、ぜひとも3Dで見ましょう!!と、娘たちと一緒に見に行きました。
3Dは吹き替えだったのですが、ウチラ親子は山寺宏一さんの大ファン。喜び勇んで見ました。(他には安原義人さん、森川智之さんなど出演)
冷酷非情で金の亡者である金貸しのスクルージ。社員のボブにも安い賃金しか支払わず休みも滅多にやらず、暖房費もケチり、クリスマスと言うのに甥っ子の誘いも断り、寄付もせず、ともかく強欲でイジワルな老人です。そんなスクルージのもとに現れた3人の精霊たち。彼らによって自分の、「過去」「現在」「未来」を見せられたスクルージは・・・
という、誰もが知っている古典の名作です。
物語は分かっているので、ディズニーがどう料理するか・・っていうことが見ものです。
でもまぁ思ったよりも「フツー」だったかな。ストレートに、そのまんま。いや、原作をきちんと読んだ事はないんだけど、真っ当な感じに見受けました。
私たちは3D映像で見たので、迫力があったしすごい臨場感で楽しかったんだけど、ある意味では3Dだったから楽しめたのでは?と言う気もします。
大昔、テレビでこの物語の映画を見たんだけど、多分ミュージカル仕立てのこのタイプだったように思います。
B000V1JV30クリスマス・キャロル [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2007-10-26

by G-Tools

今回は、内容に関して言えばそのときの印象よりも少し薄めだったかもしれません。
ちょっと単純すぎる気がするんですよね。
昔はこう言う話も一般的に受けたのかもしれないけど、今の世の中で、どうだろう?
もうちょっとスクルージが良い人になる何かが今の世の中では足りない気がします。
お金を大事にして何が悪い?っていう意見もあるだろうし・・・。
おとぎ話として、素直に見られたら良いと思いますけどね。


で、3Dですね。
以前、「シャークボーイ&マグマガール 3-D」」(ロバート・ロドリゲス)を劇場で見たんですが、そのときの3Dとは格段に進歩していて驚きました。当然と言えば当然だろうけど。
しかーし・・・・・・・
夜になってなんだか、目がグルグルと回り、お腹も気持ち悪い。
ひょっとして酔ってしまったのかも知れません。因果関係ははっきりと分からないけど、三半規管が弱く、乗り物酔いするので。グロッキーになってしまった。(絶叫系は好き)
予告編で「アバター」も3Dで見たんだけど、ちょっとこれは、もしも見に行くとしても多分3Dはやめておくつもり。
オリジナル・サウンドトラック「シャークボーイ&マグマガール 3-D」
オリジナル・サウンドトラック「シャークボーイ&マグマガール 3-D」サントラ

ジェネオン エンタテインメント 2006-01-27
売り上げランキング : 659016


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



スポンサーサイト



19:44 : [映画タイトル]か行トラックバック(1)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

「DISNEY’S クリスマス・キャロル」★★★ ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース声の出演 ロバート・ゼメキス監督、97分 、公開日:2009-11-14、アメリカ                     → ?...

2009/12/06(日) 12:16:05 | soramove