FC2ブログ

【映】THIS IS IT

余計な言葉は要らない。
カッコいいの一言、それだけあれば感想に足りる。
★★★★★
とは言え、言いたいことがたくさん。
それでも一言で言うなら(笑)、迫力に圧倒されました。
スリラーとかビリー・ジーンとか、有名な歌は私も知ってるけど、特にマイケルジャクソンのファンじゃなく、どちらかと言うと「奇矯(エキセントリック)」と言うイメージを持っていました。今回の突然の死亡も「ひょっとして自殺?」と思ったほど。
でも、この映画を見たらほんと、すごい人だったんだなぁ・・と。
ダンスはyoutubeで見てましたが、改めて大画面で見ると迫力が違う~。
頭の頂上から一本の糸か棒が出て、宙からその糸か棒で支えられているように、軸のぶれないダンス。何気ない一挙一動が「ピシ!」「パキ!」とすべてキマっている・・・・と、きっと改めて書かなくてもいいんだろうけど。声、ダンスとも、その美しさに泣けてくるほどでした。
また周囲のダンサーやミュージシャンたちの中でのマイケルの圧倒的な存在感、カリスマ性も垣間見られて、人をこんなに惹き付けるその人物の大きさや魅力を改めて再認識。奇矯・・などと言ってゴメンね(^^ゞ
リハーサルの中でもとことん細部にこだわり、妥協しない様子からは、ステージに掛ける意気込みやファンへのサービス精神も見えました。
「怒ってるんじゃないよ、これは愛なんだ」と言っていました。スタッフなど周囲の、マイケルへの気の遣いかたは半端じゃなく、腫れ物に触るように「こっちの言うことを聞いてくれてありがとう」連発だったので、いつ怒り出すのか?ちょっとしたことで、へそ曲げちゃうのか?と言う感じはしましたけど、実際にへそ曲げてるところは見えず、怒る場面はほとんどなくて、寛大な感じにも見受けました。
コンサート、あそこまで舞台装置や映像やダンサーたちとのリハーサルも出来ていて、それなのにその直前で死んでしまったんですね。改めて、気の毒でたまりませんでした。すごく無念だったろうな~。キャストや周囲の人たちの落胆も想像に余りありましょう。
あそこまでかかったお金も半端じゃなかっただろうに・・と下世話なことまで考えてしまう。費用は回収できるの?と余計なお世話ですが本気で心配になりました。映画を見てそのお代金が微々たりとも一部になるんでしょうか?(~_~;)。うまいこと出来ていて私なんぞが心配しなくても良いんでしょうけど、チラッと思えてしまいました。
ともかく感動的。
ブロードウェイ・ブロードウェイ」と言う「コーラスライン」のオーディションから練習風景を扱ったドキュメンタリーがあるのですが、他の人も言ってるけど髣髴としました。見てよかったです。もう一度見たいぐらい素晴らしかった。。。

thisisit

スポンサーサイト



11:57 : [映画タイトル]英数トラックバック(0)  コメント(5)
いいなぁ~
shortさんの記事読んでたらすごく観たくなっちゃった。
これって2週間限定上映なの?
DVDじゃなくてぜひスクリーンで観たーい!

ただ長時間の鑑賞にこのヘルニアが耐えられるかが問題(^^;

2009/11/04(水) 14:04:59 | ユミ │ URL | [編集]

ユミさん、私ほんとうに、昔は全然見てないんですよ。
ファンでもなんでもないの。
でも、そんな私でも涙出るくらい感動的でした。
昔からのファンの方なら絶対に見るべき・・・・
とは言っても、ヘルニアがねー・・。
なんかいい方法ないでしょうかね。
いっそ立ってるとか?
端っこに座って、痛くなったら立ったり、疲れたら座ったり変えてみるとか。
2時間弱ってところですけどね。
見られたらいいね!
あ、1か月にのびたと言う話も聞きました。
劇場によって違うかもしれないので、問い合わせてみて~~。

2009/11/04(水) 20:18:28 | short │ URL | [編集]

shortさん…こんばんは!
明日娘と観に行ってきまーす♪
端っこ作戦で(^^)v

2009/11/08(日) 21:24:34 | ユミ │ URL | [編集]

めちゃくちゃヨカッタ(泣)
イチバン後ろの端っこで観たよ~♪
shortさんの記事よんでなきゃ行かなかったかもしれない。
ありがと…感謝します。
もう涙とまらず…
サントラ買っちゃいます♪

2009/11/09(月) 23:27:51 | ユミ │ URL | [編集]

ユミさん、よかったよかった。
大画面で見られて正解ですよね!
私は動画サイトで見てますよ。
Gyaoでもクリップ集が見られるの。よかったらチェックしてね。

2009/11/14(土) 15:00:02 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL