FC2ブログ

【本】IN/桐野夏生

4087712982IN
集英社 2009-05-26

by G-Tools


今は亡き純文学作家緑川未来男の私小説「無垢人」の中に登場するある女性(○子、と表記され、この作家との不倫で作家の家庭を破綻させた)をモデルにして、自分も「淫」と言う小説を書こうとしているタマキ。○子の人物像が自分の書こうとしている小説のキィになると考えから、当時を知る人たちを訪ね歩き、○子の正体を探ろうとする。緑川の小説や、緑川を知る人の回顧録をはさみながら、清算したはずの自身の不倫を引きずっているタマキの懊悩が描かれていく。○子の正体はわかるのか、タマキの気持ちに決着は付くのか。。。。。

タマキと不倫相手の青司の恋愛もよう、ドロドロとした深い内部の絡み合が夏野さんらしく見事な心理描写で描かれていて釣りこまれてしまいましたが、私の中でリアリティを感じなかったのは、あまりにもタマキの「家庭」が描かれていなかったから。
不倫相手とこれだけの修羅場を演じてきたのなら、きっと家庭内の葛藤もすごかったはずなのだけど、意図的にとは思うけどサクっと削除されている。家庭人から見れば、それは有り得ないのです。それをすっ飛ばして物語が成り立つとは思えない。
逆に、緑川なる作家が書いた「無垢人」の中にそれが「これでもかー!」と言う程に描かれているので、多分タマキのほうは書かなかったのかなと邪推しています。
でも、それによって、どこか「夢物語」のような感じがしていると思いました。
最後までとても面白く(興味深く鷲掴みされ)読みましたが、終わってみればまたしても桐野さんらしく、ぽいっと荷物を預けられたように、え?このあとこれをどうするの?と言う戸惑いが残ります。
いつもそうなんですよね。


スポンサーサイト



10:05 : [本・タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(4)
今回はこちらにお邪魔w

IN、読んだ時は飽きることなく
がーっと一気に読んでしまったのは
ねえやんと同じで
決して面白くない作品ではなかったのだけど
どうにも登場人物に馴染めなくて(ーー;)

緑川もその嫁千代子もタマキも青司も
特にもの凄い変人と言うわけでもないのに
とってもエキセントリックに感じて
どーにも感情移入が出来なかったのですよ~

小説に出てくる人物なんて
いくらでも超スーパーエキセントリックで
INの人達なんてまともなぐらいなんだけどね

そんな訳で
自分でも説明できない感想だったので
アップは諦めたのでした。タハハ

2009/10/21(水) 12:44:45 | MM │ URL | [編集]

同感です。
思えば直木賞受賞作のあの『柔らかな頬』からしてそうでしたねぇ。
だからやめられないのかもしれない。
願わくば衝撃的に完結していただきた~い♪

2009/10/21(水) 13:04:21 | ユミ │ URL | [編集]

まだん、せっかくコメントいただいたのに遅くなってゴメンね~!(^^ゞ
うんうん、この本、感想の書きにくい話だったよね。
読んでるときは色々思ったんだけど
いざ本を閉じてみれば。。あんまり何も残ってないと言うか。
そうそう、みなさんエキセントリックでしたね。
最初、タマキが「あなたが○子ですか」と考えた、少女趣味のおばあさんがいて
その人の回想録なんて面白かったけど、本編になんの関連があるの?・・っておもったし。
まぁ作家の人となりを紹介する部分だったんだろうケド。

桐野さんは、しつこく書くんだけど
「ダーク」と「メタボラ」は大好きで、それはもう、人生の中でも好きなほうの作品で
かといえば、他の本は私には・・うーーーん・・・ってことが多い
極端な感じ。


いま、巷で話題の「ミレニアム」っていうのを読んでます。
面白いよ。まだ途中だけど。
よかったらチェックしてみてね~。
あ、それから「しょの1」買ったよ。
面白いけど、やっぱり従来のほうが面白いわぁ。
母のツッコミがね・・・(笑)

2009/10/26(月) 17:12:22 | short │ URL | [編集]

ユミさん、お返事遅くなってしまってスミマセン~~(~_~;)

そう柔らかな頬は、個人的にチトがっかりしましたわぁ。
「OUT」は結構気に入っていたのでね。。。
この、曖昧なラストは桐野サンの持ち味かも。
それを覚悟の上で読まないとね(笑)
でも、ほんとうに「メタボラ」「ダーク」はだーーーーい好きなんですよ~。
またきっと出たら読む!と思いますので。
その時は語らいましょうね(笑)

2009/10/26(月) 17:15:05 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL