FC2ブログ

【本】1Q84/村上春樹

41035342221Q84 BOOK 1
新潮社 2009-05-29

by G-Tools

41035342301Q84 BOOK 2
新潮社 2009-05-29

by G-Tools


ネタバレあり、ご注意願います。

社会現象ともなった村上春樹の「1Q84」BOOK1とBOOK2を読みました。
私の読書歴として村上春樹は、大昔やっぱり社会現象ほどベストセラーになった「ノルウェイの森」を読みましたが、小説はそれを読んだきり。
後に、オウム事件に関連して出された、事件の被害者たちへのインタビューからなる「アンダーグラウンド」を読みました。被害者の人たちの立場や想いが伝わり、胸苦しくなるような読書でしたが、とても重厚ですばらしい本だったと記憶しています。
その後事件を起こした信者側のインタビューをまとめた「約束された場所で」も、読もうとしたのですが、被害者たちの言葉に比べて、信者たちが言っている事がイマイチよく分からず読むのをやめたのでした。
今回、「1Q84」を読んでいて、まったく共感できず、面白くも無く、最終的にはワケがわからないと思ってしまったのだけど、その感触が、「約束された場所で」を読んだときに感じた「ワケのわからなさ」によく似ているのです。

物語は、青豆と天吾という二人の物語を軸にしています。
青豆は女性を苦しめる男を人知れず消していくという特殊な仕事を・・天吾は難読症の少女の物語を小説の形にすると言う仕事をしながら、やがてそれぞれ別々にカルト宗教団体の「さきがけ」や、謎の存在「リトルピープル」などに近付いていく。その中で、青豆や天吾の過去が明らかになり、二人の接点も、互いに思い合っている事も見えてくる・・。
読み終えて思うのは、私には物語のテーマ自体が分からなかったということ。だからナニを軸に読めば良いのか分からず、結局ワケがわからないうちに本を読み終えると言うことになったと思います。今振り返ってみれば、これはひょっとして天吾と青豆の恋愛小説だったのかなぁ・・・・。
そんなとらえかたをせずに読んだので、ずれていたのかも知れません。
とくに、青豆が「さきがけ」のリーダーと出会う場面の事。このリーダーが、私には「いんちき」であるべき存在だったのに、千里眼のような超能力を持つ「ホンモノ」だと分かり、青豆は翻弄されてしまう。いんちきだったらもっと話は分かりやすかったはずなのに、ホンモノであることで「だからナニ?」と混乱してしまいました。天才(作者)の考える事は凡人には分かりません。
あの団体は、どう見てもオウム真理教をモデルにしているし、あのリーダーは麻原をモデルにしている・・・あの事件は、いんちきな男のペテンに、東大とか早稲田とかの理知的な秀才が易々とかかってしまい、挙句人の命さえも奪ったところが特殊だったのでは・・と思うのだけど、そのリーダーをなぜ本当に超能力者として描いたのか・・・モヤモヤさせられました。リーダーがナニを言ってるのか全然理解できなかったし、言っている事と、それまでに少女たちにしてきたことが全然つながらなかったのも、モヤモヤ・・・。
私は、あのリーダーの「いんちき」を「暴き」「糾弾し」「制裁を加える」ことを望んでいたと思います。それが、「アンダーグラウンド」や「約束された場所で」を書いた著者の、義務と言っても過言ではないではないかと思いました。だから、あのくだりには本当にがっかりさせられました。
そのほかにも、そもそもSFなのかファンタジーなのか、もうその世界についていけなかったんですけど。その後の展開も同じくまったく理解できなくて、後はもう読むのが苦痛で目を滑らせて読んだ感じ。リトルピープルとか二つの月とか・・・。そもそも「1984」ではなく「1Q84」だとか。私には理解できない。能力が無い。と感じた読書でした。



スポンサーサイト



12:22 : [本・タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(2)
私は作家志望ですが、私も1Q84が全く理解出来ません。そして、この本に熱狂する日本人も理解できません。
また、この本が世界に読まれて世界の人は理解が出来ると言うことも理解できません。
そして、これを読んだ人が難しかったと褒め称える事も理解できません。
ノルウェーの森もやはり理解することが出来ませんでした。
でも、このブログを読んで「あぁ」私だけじゃ無いんだとホットしています。
http://yuuki-ran.cocolog-nifty.com/blog/

2010/04/17(土) 16:43:32 | ゆうき 蘭 │ URL | [編集]

ゆうき蘭さん、コメントありがとうございます。
評判がいいのですよね、この本
もともと村上さんの本は読んでなくて
「ノルウェイ」もそんなにいいと思えないので
個人的に会わないんじゃないかなーと思います。
私も、書き込みを拝読して
「私だけじゃなかったんだな」とほっと感じました(^^)

2010/04/24(土) 11:05:20 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL