FC2ブログ

天文ブーム???



知り合いの知り合い、と言う間接的な話で恐縮なんですが、その男性はトシのころなら50中盤から後半、友だちのうち二人が家に天文台を建設中とのこと。
そう語ってくれたそのご本人も、少年時代に天文ブームでハマった過去があり、今改めて時間経済に余裕が出来て、その「趣味」が復活しており、「お仲間」である友達の天文台作りに何かとアドバイスをしたり相談に乗ったりと言う近況を、楽しそうな様子で生き生きと語っておられました。
私はあんまり覚えてないけど、天文ブームってあったんですかね?
少年の頃星にロマンを感じた人たちのうち大勢が、いまこのウチの知り合いの人のように、マイブームの復活としてその道に戻ってきているらしいです。
自分の家に天文台を・・・というのは、天体ファンの悲願のようなものらしく、工夫を凝らして建設中とのことですが、天体の写真を撮るには、とても繊細さが必要だそうですよ。
風が吹いて建物がほんの少しでも揺れたらピントがずれてダメ、床を歩いた振動さえもダメ。針で突いたような鋭いピントでなければ納得できないそうなんです。
当時に比べて今は、カメラも望遠鏡も望遠レンズも性能が良くなっていて、この写真の望遠鏡のようにコンピューターが内蔵されていると、星の位置をパッと探し当ててくれるそうです。
そりゃ、ポイントをギュギューッと絞って、いい写真が撮りたくなる気持ちも分かりますよね!
知り合いの男性は、望遠鏡ではなく、カメラに望遠レンズをつけると言っておられました。
すっごい望遠レンズらしいです。多分、こんなの?(違ってたらスミマセン)





で、それならばと思って、ネットでも検索したらあるわあるわ。素人さんが天体の写真を撮ってはアップされているブログやHPは、たくさんありました。
個人のサイトさんなのでリンクはしませんが、さすがの写真がたくさんアップされていて見入ってしまいました。
若い人たちは理科離れの年代なので、天体にも興味持つ人が少ないらしいですね。
見あげた所で、星なんて見えませんもんね。ウチは田舎なんだけど、それでも光害っていうのありますもん。
ウチの夫の出身地は、スキー場が近くにあるような田舎のほうですが、星空のきれいなコトは驚くほどです。眺めていても飽きないですね。
知り合いのひとのお友達の天体ドーム、見学に行きたいぐらいです(笑)。
全国の公開天文台はこちら ウィキペディア 
みなさん来る22日の日食への意気込みも半端じゃないらしいです。
きっとブログなんかもたくさん更新されるでしょう。ちょっと楽しみですね。

CELESTRON 天体望遠鏡 ネクスター4SE
CELESTRON 天体望遠鏡 ネクスター4SE
セレストロン???
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





スポンサーサイト



21:27 : [そのほか]もろもろトラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL