【映】ヤング@ハート

B001U65T2Wヤング@ハート [DVD]
スティーヴン・ウォーカー, スティーヴン・ウォーカー
ポニーキャニオン 2009-05-20

by G-Tools


平均年齢80歳のお年寄りたちのコーラス隊を追ったドキュメンタリー。
「おじいちゃん、おばあちゃんになってもこう言う趣味を持って楽しむのは、とってもいいことだ。歳を取ってなお頑張る姿には感動を覚える」と言う、そんな感想を抱くのではないかと・・我知らず予想していたような気がしますが、映画を見て打ちのめされました。
平均80と言っても、その歌唱力たるや、とてもとても歌の下手な私なんぞとは比較にならず、力強い発声、しっかりとした音程、リズム感、どこをとっても「ちゃんとした」コーラスなのです。
コーチもなかなか厳しく、妥協をしない。
「おじいちゃんだから、この辺で仕方がない」とか、そんなことは(全然ない、とは言えないと思いますが)ほとんどなさそうです。
そして、92歳のお嬢さんを筆頭に、みなさんお元気なこと。やっぱり歌を歌うことで色んな部分が刺激されたり鍛えられたりしてるのが、目に見えて分かる!
しかし、病気で具合が悪くなる人も中にはいて、亡くなってしまう仲間もいます。
仲間を失うって、どんな年齢でも同じように悲しいと思うけど、高齢になればなるほど「次は自分か」と言う気持ちが大きくなったり、付き合いが長い分切なさが増したりするんだろうと思います。
でも、歌うことで悲しみを乗り越えていくんですね。
その姿を見てまた、こちらが元気をもらう・・・ありきたりだけど、そんな感じ。
こんな老後なら楽しいぞ、自分もこんな風に歳を取りたい、と思わせられます。
映画の取り方と言うか見せ方もスタイリッシュでカッコよくって、色んな曲が挿入されてて(もちろん、ヤング@ハートのナンバー)「ステイン・アライブ」のときなんて、そこに込められたユーモアにノックアウトです(笑)。
胸を打たれるって、こう言う映画ですよね。
スポンサーサイト
20:56 : [映画タイトル]や行トラックバック(1)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

米国マサチューセッツ州の町のコーラス隊は、平均年齢80才のおじいちゃんやおばあちゃんで構成されています。 そのコーラス隊がコンサートを行うまでの日々は、笑いあり、涙ありで、生きる力に満ち溢れた毎日で...

2009/08/18(火) 01:21:18 | 事務屋の日記