スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

あの日にドライブ/荻原 浩

あの日にドライブ
4334924727
荻原 浩


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

エリートコースから脱落した中年男が、次の仕事が見つかるまでに選んだのはタクシー運転手だった。不本意な毎日の中でいつも夢想する仮の自分。「あの日」「あの時」「…だったら」と、繰り返しながら主人公がつかんだものは…。
くよくよ三昧の主人公が、物語の終る頃にどう変わっているか、おぎりんならではの切なくユーモラスな「人生の哀愁」を楽しめる一冊。




エリートコース(大手都市銀行の行員)から、ふとしたことで外れて、今で言う「負け組み」になってしまった主人公の牧村伸郎。今は腰掛のつもりでタクシードライバーになったのだけど、行員だった時代を折につけてはため息と共に思い出し、今の境遇を嘆きまくり。
ほんとならこんな男には感情移入も出来ず、読んでいてイライラさせられるのではないかと思うけど、それがおぎりんにかかったら違うのだよね。
それはおぎりんの発する独特のユーモラスな内面描写が辛気臭い中にも、くすっと笑いをもたらしてくれるから。

過去を振り返る…実際のところ、あの時ああしていれば今の自分はもっと違う人生を歩んでいたのではないか…なんて、よくそう考えるひとと、そう言うことを考えないひとがいると思うけど、わたしなんかは結構過去を振り返ってはうじうじ悩むときもあるので、この主人公とは思考が殆ど同じだったりして(笑)。とくに、主人公はタクシードライバーと言うことから、人生を道路にたとえて「あの時あのまがりみちで曲がったら」などと考えるのだけど同じ事を思ったこともある。

そんな主人公を取り巻く人々も、また個性的でおもしろかった。
ひとは見かけと違う、その人にはその人なりの人生があり、その重みを背負ってるのだ。
自分のことに汲々としてると見逃しがしがちなもの。
ほんの少し余裕を持ったり、視点を変えれば見えるものもたくさんある。
そうして変わっていく主人公が好ましい。
荻原さんらしいラストに、すがすがしい気持ちをもらった。
同じ年頃の、人生にちょっと疲れ気味の中年には、一服の清涼剤となリ得る作品なのではないだろうか。
スポンサーサイト
16:29 : [本・タイトル]あ行トラックバック(5)  コメント(6)
こんにちは。
仲間のタクシードライバーさんたちが、
みんな個性的で面白かったですね。
最初は、あまりに主人公がウジウジしていて、
どうなる事かと思いましたが、
最後は爽やかで良かったですね。では。

2005/12/27(火) 01:03:14 | ゆうき │ URL | [編集]

ゆうきさん、いらっしゃいませ♪
お返事がタイへン遅くなり申し訳ありませんm(__)m
コメントとTBありがとうございました!
タクシー運転手の個性、荻原さんらしい描き方と思います。
うじうじ…(笑)
まったくそのとおりです!
でも、なんとなく共感を覚えてしましました(笑)
読後のさわやかさもおぎりんらしいですね♪

2005/12/30(金) 21:48:13 | short │ URL | [編集]

こんにちは~<エルフです。
大変遅くなりましたが先日はTBありがとうございます。(^.^)
「あの日にドライブ」の主人公の気持ちは本当よく分かりますよね。等身大過ぎて「私のこと?」とか思いましたもの(笑)。
何だか大人版の森絵都「カラフル」を読んだような気持ちになった一冊でした。


そうそう、何と「なかよし荻原組」がYahoo! JAPANに登録されたんですよ~。
私自身ブログを作った理由が荻原氏のサイトが1件もなかったからだったのでこれで我らが「おぎりん」の知名度がアップしてくれれば本当嬉しいです。

2006/01/12(木) 14:02:06 | エルフ │ URL | [編集]

ヤフージャパンにご登録(って、変でしょうか)おめでとうございます!
おぎりんのファンとして、とっても嬉しいと共に我らがエルフさんのサイトが!と言うところがまた、嬉しいじゃありませんか~~♪
これからも、かげながら応援させていただきますので、頑張ってくださいませ♪
あ、TBの件、コメントも残さずにご無礼しました。
また、次読んだら伺いますのでよろしくです。
連載中の作品が沢山あるので、単行本化されるのが楽しみです~!!

「明日にドライブ」何度も読み返したくなります♪素敵な作品でした^^

2006/01/13(金) 20:56:29 | short │ URL | [編集]

ショートさんこんにちわ。

かいくんは、「うん、そうそう、サラリーマンて辛いよね。」と相槌を打ってしまいました。

まあ、パーフェクトの人生なんてありえないんで、誰しも後悔しながら生きるんですよね。

とにかく、かいくんは共感の嵐でした。

2006/05/20(土) 15:20:45 | かいくん │ URL | [編集]

うふふ、かいくんも同感できるんですねー。
わたしなんていつもウジウジしてるから
主人公の気持ちは、とーーってもよく分かったよ(笑)
かいくんの感想を読んだけど、ふむふむと
思ってしまいましたよ♪
TBありがとー。あとで、こちらからも^^

2006/05/20(土) 22:31:25 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

あの日にドライブ荻原 浩 光文社 2005-10-20by G-Toolsエリート銀行員だった牧村伸郎は、部下のために、支店長にうっかりたった一度逆らってしまったためにリストラ。なかなか望みどおりの再就職先がなく、つなぎにと、タクシー会社に運転手として就職します。タクシー会社

2005/12/27(火) 01:08:24 | IN MY BOOK by ゆうき

あの日にドライブ荻原 浩 光文社 2005-10-20売り上げランキング : Amazonで詳しく見るbk1で詳しく見る *あらすじ*元エリート銀行員だった牧村伸郎は、上司へのたった一言でキャリアを閉ざされ、自ら退社した。いまはタクシー運転手。公認会計士試験を受ける

2006/01/12(木) 13:55:34 | なかよし荻原組

横着者だからか、車が好きだからか。私はタクシーに乗るのが好きです。運転手さんもいろいろな人がいます。 頼んでもいないのに道々をずっと観光タクシー並みに紹介してくれる人、 聞いてもいないのに今日の営業成績について話をしてくれる人、 常備してある飴をしきり

2006/01/18(水) 01:36:47 | イイオンナの為の「本ジャンキー」道

あの日にドライブ 萩原浩著 9点 2006年の23冊目 あの時のどを突いて出た、たった一言が、自分をメガバンクの銀行員から、タクシードライバーに変えてしまった。月収何十万の勝ち組から、手取り45%の負け組みへの転落だ。あの時5秒も我慢していれば...

2006/05/20(土) 15:16:42 | かいくんの読書日記+α

-

管理人の承認後に表示されます

2014/12/29(月) 12:34:34 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。