長編ドラえもん

親睦旅行でバスに乗り、バスの中でドラえもん「のび太の南海大冒険」を見ました。
ウィキなどを見て確認したが、
この前作「ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記」ぐらいまでは、かろうじて見たと思う。
その前にテレビ放映の「ドラえもん のび太と緑の巨人伝」を見た。
新しいドラえもんになってからは、長編を見るの初めてだったんだけど、なんだか見たことがあるようなシーンの連続で、ちょっとガッカリしました。
オリジナリティがないんではないか。。。
どうもあっちの映画こっちの映画をパクってるかんじがしてしまった。(特にジブリ系・・というかジブリ映画)
「ドラえもん のび太の南海大冒険」にしても、私があんまり好きではない設定(未来人が悪さをして結局タイムパトロールがやっつけてくれる)と言う感じで、これまたそれほど上出来といえないのでは。
とは言え、子供たちは以前のドラえもんって言う事もあり大喜びで見ていました。子どもが楽しめたらそれが一番。
良かったと思います。

ところで、やっぱりドラえもんの長編は、最初のうちが良いと思うんですが。。。
#ドラえもん のび太の恐竜
#ドラえもん のび太の宇宙開拓史
#ドラえもん のび太の大魔境
#ドラえもん のび太の海底鬼岩城
#ドラえもん のび太の魔界大冒険
#ドラえもん のび太の宇宙小戦争
#ドラえもん のび太と鉄人兵団
#ドラえもん のび太と竜の騎士
ここぐらいまではすごく面白いと思う。大人が見ても楽しめる。
どれもワクワクでハラハラでそしてほろっとする。
恐竜のピー助とか、水中バギーのしずかちゃんへの恋心とか、鉄人兵団のリルルとか・・泣けるんですよね!ね!(同意を求めたりして)
意外なオチでほう~~!!と唸ったのが「竜の騎士」。
四角い部屋には笑いましたね。
そのあとのどらえもんでは「雲の王国」が泣ける。
おなじキー坊が今回の「緑の巨人伝」にも登場したけどね。
やっぱり「雲の王国」が泣けるしよく出来てると思った。
よかったらお子さんと一緒に「真剣に」見てみて下さい(^^)♪



スポンサーサイト
13:10 : [そのほか]もろもろトラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL