ジェイン・オースティンの読書会

B001CLG1N6ジェイン・オースティンの読書会 コレクターズ・エディション [DVD]
エミリー・ブラント, マリア・ベロ, エイミー・ブレネマン, ロビン・スウィコード
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2008-09-24

by G-Tools


ジェイン・オースティンの読書会と言うタイトルのそのまんま、6人の男女がジェイン・オースティンの作品について語り合う会を描いたものです。そもそも、愛犬を亡くして落ち込んでいる友達を励ますために開かれた会だったのだけど、開催直前にメンバーの一人が夫に離婚を言い渡されたため、そのメンバーに「男」をあてがおうと、ジェイン・オースティンを読んだ事がないSFマニアの男性もメンバーに取り込んだりして、多彩な顔ぶれになった読書会の行方は。。。


本が好きな人間なら、ある括りの中での本について(括らないと、本と言うのはとんでもない数のジャンルがあり、話が全然合わない!)思いっきり「語り合いたい」と言う欲求はあるはず。
だからこんな風に思っていることを忌憚のないところでぶつけ合えたらとても楽しいかもしれない。(あまりに解釈が違う人間と話しているとストレスがたまりまくるだろうけど・・・。事実この映画でも「それは違うのよ。ジェインはこうなのよ」と力説されて鼻白む場面もあった。日本人ではああ言うときは自分の意見を通すことは中々難しいのでは。)
それぞれが自分の持つ「悩み」をそれなりに解決して行き、最後は丸く収まるところは、ご都合主義かもしれないけれど、やっぱり見ていて気持ちがよく胸暖まるものがある。
ただ、冒頭、離婚された女友達を慰める為に男をあてがおうと言う主人公の行動には疑問が。女友達にすれば余計なお世話だと思うし(自分で解決する問題だと思うし、離婚即他の男と言う発想があまりにも「他人事」と言う感じがした)あてがわれた男にすれば失礼千万。だけど、そのあてがわれた男を演じるヒュー・ダンシーがとても優しく人がよくて、そのうえお金持ちでそしてSFとは言え(失礼!(笑))読書好きとくれば、やっぱり理想の男ではあり、見ていてこの男をめぐるラブロマンスには胸がときめきました。顔も、「ルワンダの涙」のときも思ったけど、オーリーを「普通」にした感じなのね(笑)。なかなかハンサムさんです。
あと、フランス語教師、高慢さが鼻持ちならない女ですが、生徒との不倫に揺れる女心は良く分かった。だって、あんなにセクシーで可愛い18歳ぐらいの男の子に求められたら絶対に揺れるってば。
可愛い男の子、ケヴィン・ゼガーズはこの子
http://www.popcorn.co.uk/page.asp?partid=442
オーリーを「普通」にした感じの優しいヒュー・ダンシーはこちら
http://us.imdb.com/name/nm0199215/
どっちもいい男で、眼福でした。★★★★
スポンサーサイト
10:36 : [映画タイトル]さ行トラックバック(1)  コメント(4)
この映画に、「ホワイトプリンセス」でヒロインと恋に落ちるシークレットサービス役のマーク・ブルカスが出てたんですけど、全然覚えてなくて、どの役だったっけな~、って。
向こうの俳優さんって、その作品や役柄によってまったく顔変わって見えたりするので、気付かないことあるんですよね~。
あの鼻の穴王子のように。(爆)

2009/02/13(金) 22:19:31 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

こちらも、お返事遅れてごめんなさいね。
マークブルカス・・はて、役名を調べたらディーンと言う・・。
えーっとどこにそんな男が出てきたっけ?
オトコと言えば、オーリーの普通版、SFオタクと、
女性教師を誘惑するイケないフェロモン高校生の二人しか覚えてなくって。
と思ったら、きっとアレですね、その女性教師のダンナ役!
うん、たしかに、結構イケメンと思ったんです。
背も高いし、うんうん、たしかにハンサムかも?と、
こんなダンナなのに、生徒によろめいちゃって~~
と、最後のほうで思った思った(笑)

いや、鼻の穴王子はねー・・・・(笑)
27のドレスを見てからお答えしたいです(笑)
スーパーマン4のときは「なんつう、ブサイ〇な男」と思ったんでした。(ヒドイ)

2009/02/21(土) 07:21:36 | short │ URL | [編集]

それか!!!
私も全然覚えてなくて。SFオタクもいい男でしたよね!?
すっかり忘れてますが。もう一回見たいんですけど、でも見たいのは、その彼だけなんですよね~~。(爆)

2009/02/23(月) 15:05:02 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

多分そうですよ(^^)
結構男が少ない映画なので・・(笑)
SFオタクのひと、誠実そうでいいです。
「ルワンダの涙」で初めて見たんですけど、あの時もいい感じだったです。
私も映画の内容忘れがち・・・。
もう一度見てみると、案外「こんなに素敵な映画なのに、何故忘れているの?」と思ったりね。
逆もありますがね(笑)

2009/02/24(火) 10:07:01 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

『ジェイン・オースティンの読書会』 この群像劇は佳品です! ジェイン・オースティンの長編6作品を1冊ずつ味わうために 読書会を開いた6...

2009/10/23(金) 22:09:08 | 観・読・聴・験 備忘録