シッピング・ニュース

B000068P82シッピング・ニュース 特別版 [DVD]
E・アニー・プルー
アスミック 2002-08-02

by G-Tools


ジュディ・デンチ祭り開催中です・・・(笑)

父親との関係が悪かったため、長じてからも対人関係や精神的に問題を抱える男が、曲がりなりにも結婚し子どもをもうけるが、その結婚生活の破綻と共にまたまた傷つき、しかし、祖先の土地に移り住み回復していくと言う物語。
気が弱く人がいいばかりの主人公クオイルをケビン・スペイシー、その結婚相手のあばずれ風女をケイト・ブランシェットが演じているけど、まずこのケイトブランシェットにビックリ。この人は本当に変幻自在で凄いです。クオイルをふるさとに連れて行く役割が、叔母と言う立場のジュディ・デンチ。地味な役どころだけどやっぱり光ってる。
面白かったのは、ふるさとの町で勤めることになった地元新聞社の面々。彼らとのやり取りは全然飽きなかった。
面白く見られるんだけど、ちょっと物足りなかったかな。ちょっと前に見た「アンフィニッシュライフ」と比べたら・・・。そして「ギルバート・グレイプ」を髣髴とさせるシーンがあって、それはとてもある種の開放感を得られるんだけど、前例があるとインパクトが弱まるので。
★★★☆
スポンサーサイト
11:35 : [映画タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(2)
懐かし「シッピングニュース」
ハルストレム監督好きのため、観ましたが、他の監督作品と比べると物足りなかったような。でも、ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット、スペイシーら豪華メンバーの演技は見事でした。特にケイトのあばずれ女はすごかった(爆~)

近いうちに再見しようかな。

2009/01/27(火) 21:34:07 | ラム │ URL | [編集]

ラムちゃん(^^)
そうなの、ちょっと物足りなかったねー。
ラストの家が壊れてしまうシーンは「ギルバート・グレイプ」みたいだったし。
たしかに役者たちはよかったけどね。
ちょっと期待したほどではなかったな・・・(^_^;)

2009/01/28(水) 19:53:29 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL