FC2ブログ

2008年 マイベスト:本

今年は全部で70冊から75冊ほどしか読めなかった・・。(^^ゞ
小説とノンフィクションは約半分半分。
小説はあんまり面白く感じられなくなってきました。
その中でも面白かったのをリストアップしましたが、6冊ぐらいしか・・。
「百夜行」「晩鐘」氷室冴子さんの本などの再読も多かった。

逆にノンフィクションはどれも面白かった。
その中で自信を持ってオススメできるものをアップしました。
順位はあんまり関係ないかな。
2009年はもっと読みたいと思います。

タイトルクリックで感想に飛びます。



2008年 年間ベスト6:フィクション部門

1: ダーク/桐野夏生

桐野さんを見直した作品。めっちゃすごい吸引力!!桐野作品、マイベスト!と思った。(後に「メタボラ」こそ、マイベストof桐野となります)

2 :告白/湊 かなえ

2008年一番注目を浴びた作品と作家さん。めくるめく「陰」の世界へ連れて行ってくれる凄い作品。面白くって一気読み。


3:茶々と家康/秋山香乃

「茶々と信長」「茶々と家康」に続く三部作の完結編。「信長」から読んでみて下さい!


4:歳月の梯子/アン・タイラー

お初の作家さん。 同じ著者の「結婚のアマチュア」も面白かったです。


5 石の猿:ジェフリー・デイーバー

今年はディーバー祭りで「コフィン・ダンサー」「エンプティー・チェア」「魔術師」も読んだけど、一番は「石の猿」。世間的には不評だけど・・・。きっと読む順番が大事と思う。読みすぎて最後はおなかいっぱいになり、「12番目のカード」や「ウォッチメイカー」は、ほとぼりが冷めてから読みます


エンブリオ:帚木蓬生

新作「インターセックス」と二部作ですが、インパクトがあるのは断然「エンブリオ」。久坂部羊の「廃用身」を読んだ時の衝撃に近いものがありました。


2008年 年間ベスト10:ノンフィクション部門


1 :そうだ、葉っぱを売ろう! 過疎の町、どん底からの再生/横石知二

元気に暮らそう。それは「気持ち」から。 見習うべき点がたくさん。


2 :自閉症ボーイズ ジョージ&サム/シャーロット・ムーア(相原 真理子訳)

これも 親として見習うべき所が山盛り。子どもへの愛情と冷静な視点がすごい。


3 :ピンポンさん/城島充

凄い人がいたものです。この人の功績はもっと世に知られてもいい。


4: 明日もまた生きていこう 十八歳でがん宣告を受けた私/横山友美佳

悲しいだけじゃなく、彼女の生きかたに力を与えられる。 ひたすら頭が下がる


5: 誘拐/本田靖春

名著!昭和39年の誘拐事件の顛末ですが、古さを感じない。緊迫感が凄い。


6: シズコさん/佐野洋子

母と子の確執は一言では言い表せず 。


7 :あの戦争から遠く離れて 私につながる歴史をたどる旅/城戸久枝

戦争を知らない世代は読むべき一冊 。ここまで調べ上げた著者の粘りが素晴らしい。


8 :性犯罪被害にあうということ/小林美佳

実名写真付きで発表した この本の意義。


9 :なぜ君は絶望と闘えたのか/門田 隆将

死刑は是か非か・・・・深く考えさせられる。絶望のどん底から這い上がった本村氏の強さと支える周囲の人々のつながりにも感動


10 :氷上の光と影 知られざるフィギュアスケート/田村 明子

選手だけじゃなく、コーチ、振付師、ジャッジなどの影で支える人たちにも目を向けられ、知らなかった事がたくさんで面白かった

11:エレクトラ/高山文彦

小説家中上健次の生涯を力強く書く。


12:ヒトラーの贋札/アドルフ・ブルガー

同名映画の原作。本のほうがよりリアルに生々しい恐ろしさがあった。


スポンサーサイト



11:27 : [そのほか]年間ベストトラックバック(0)  コメント(4)
ねーさん、
秋山さんの茶々がランクインは嬉しいです~。今までのイメージと覆した秋山流茶々は私も好きでした。
今年の大河の茶々はいかに?
阿部ちゃんの謙信に惚れました(^^
すいません、話がそれました。

P.S 奥田氏の「オリンピックの身代金」は次読む予定^^

2009/01/10(土) 22:24:52 | ラム │ URL | [編集]

ラムちゃん、「茶々」シリーズ、最後の家康ですごく大成した感じがしたよ。
前二部を無駄にしないどころか、前二部の魅力をも引き上げた感じがしました。
茶々のこの本に描かれた生き方は、本当に感情移入できたし、その姿に見とれてしまいましたよ。
秋山さんの代表作品と言ってもいいんじゃないかな!
読めたのもラムちゃんのお陰、ありがとうね~。
「オリンピックの身代金」もすごくいいよ。
また読んだら感想聞かせてね~♪

2009/01/12(月) 11:02:03 | short │ URL | [編集]

今年もよろしくお願いします。
ノンフィクションは、全然読んでないなあといまさらながら思いました。
「告白」は、最近読みましたが、インパクトのある作品でしたね。

2009/01/14(水) 22:33:26 | 花 │ URL | [編集]

花さんお返事遅れてゴメンなさい
今年もお互い面白い映画や本に出会いましょうね♪
花さんの記事はいつも参考にさせていただいています。
またヨロシクお願いします(^^)

2009/01/20(火) 17:10:23 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL