聖女の救済/東野 圭吾

4163276106聖女の救済
東野 圭吾
文藝春秋 2008-10-23

by G-Tools


こちらも、ガリレオシリーズの新作、そして長編。ラムちゃんにお借りしました。ありがとうございました!

長編のガリレオシリーズは「容疑者Xの献身」があるので、弥が上にも期待してしまいます。
物語は、夫から離婚を言い渡された妻が夫に「死んでもらう」と決心して、そしてその後夫が変死すると言う事件。実際には誰が殺したのか、どうやって殺したのか・・・。まったくスキのない犯行に、捜査陣は立往生するのだったが、湯川が今回は快く捜査に協力する。それは内海刑事の「草薙さんは容疑者に恋をしています」と言う一言があったから・・・。

どちらかと言うと、登場人物間の人間模様を楽しみました。
しかし、トリックはかなり「ありえない」。帯に湯川の同じ言葉が書いてあるし、作中でも「これは完全犯罪だ。君たちは負ける。僕も勝てない」と言うのだけど、そこまでたいそうなものかと、ネタが分かってみればちょっと苦笑してしまいました。逆の意味で「ありえない」です。
↓ネタバレ
一年間、浄水器の水を使わない??ありえません。
現実的に考えて、どう考えても、変です。
トリックは色んな可能性の中で(たとえば最初のほうの水を流したとしたら?など)かなり成功率が低いと思う、あんまり「賢いトリック」とは言えないのでは。それなのに湯川の「すごいトリックだ」みたいな言い方は、ちょっと納得できませんでした。

ただやっぱりそこまでの流れや人物の心理描写などは、東野さんらしく楽しませてくれましたが。
ともかく、東野作品ははずせないので、読めて満足です。

こないだ、「百夜行」再読したのですよ。面白かったですねぇ。
やっぱり「百夜行」「幻夜」あたりが東野作品のハードルを上げてしまってますね・・。


スポンサーサイト
19:53 : [本・タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(2)
おっ、感じたことが同じだね。
私もこのトリックは絶対ありえないと思ったもの。でも、不可能に近いことをやってのけるから、完全犯罪と思わせるかも。
草薙さん、今回はすっかり内海刑事に喰われてしまいましたね。恋心もXの献身の石神さんに比べると...ね(--;
その分、内海刑事のカンのよさが光っていたかも。

2008/12/20(土) 00:02:33 | ラム │ URL | [編集]

うふふ、このトリックに関しては大抵の人がそう感じるのでは?
湯川ほどの頭脳のひとが唸るほどのトリックじゃないよ。
ある意味「こんな馬鹿らしいトリックで完全犯罪ができるのか」という逆の意味でうなったと言うならまだ納得。
と、酷いいい方だけど(^^ゞ
他の部分はとっても面白かった!!
草薙の切ない恋心、馬鹿にしているようでいてちゃんと信頼している湯川
二人の友情は気持ちがいいね。
ドラマは見てないけど、小説の内海さんはとても好感が持てる人だったよ!

2008/12/20(土) 11:11:24 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL