黒の紋様―警視庁指紋捜査官レポート/塚本 宇兵

4103053313黒の紋様―警視庁指紋捜査官レポート
塚本 宇兵
新潮社 2007-08

by G-Tools


著者の塚本氏は「指紋」のエキスパートです。
「万人不同」「終生不変」この二大特製を生かして犯人を検挙する。それはすでに一般常識にまでなっていますが(たとえば自分がもしも罪を犯し、その罪を隠蔽しようとするならば、現場に指紋を残してはいけないと言うのは最低限の必須条件でしょう)血にまみれ、荒らされた現場から、あるいは腐敗し、ウジのわく死体からも指紋を取ると言う作業を、現場でどのように苦労しながら行っているのかが描かれていて迫力があります。著者が同僚といっしょに指紋採取の方法を試行錯誤の上に獲得していく過程も書かれていて、興味深かったです。
ただ、事件そのものへの深い追求はされていないので、事件の背景や犯人の深層に迫ってはおらず、その点は不満が残りますが、本書はひたすら指紋を採取すると言う職人技によって犯人検挙に至ると言う、その過程が醍醐味になるでしょう。



4101299714「指紋の神様」の事件簿 (新潮文庫)
塚本 宇兵
新潮社 2006-10

by G-Tools

4569627196指紋は語る―“指紋の神様”と呼ばれた男の事件簿
塚本 宇兵
PHP研究所 2003-05

by G-Tools



スポンサーサイト
15:40 : [本・タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL