夜市/恒川光太郎

4048736515夜市
恒川 光太郎
角川書店 2005-10-26

by G-Tools


選考委員絶賛の12回目のホラー大賞受賞作。

物語は、ホラーというよりも不思議系ファンタジーという要素が強く、主人公がその昔に迷い込んだ「夜市」で、「自分の欲しい才能」と引き換えに弟を売ってしまった…。という、一見、え~??悪魔との取引系?と思うようなストーリーである。
現実派にはちょっと受け入れられない展開だけど、これがなかなか、逸らさないというか、ひきつけられるというか、すっかりその世界観にはまり込んでしまいぐいぐいと読めてしまった。
主人公は弟を売ってしまったことを悔いているのだ。 で、再び夜市に入り込み、弟を取り戻そうというのだ。 そのために、GFを連れて行くのだ…。
不思議な夜市の中で戸惑うGF。そこで味わう数々の不思議な体験。そして物語は思わぬ展開へと読者を導く。 正直言って「ああなって、こうなるのだろうな」と思っていて、案外その「読み」は、的外れでもなかったが、もっと深かった!!
このストーリーの展開の絶妙さ。選考委員絶賛というお墨付きも、納得できると思う。 そして、もう一遍の「風の古道」 これも不思議系のお話で、この世の世界とは違う異次元の世界というか、別世界に迷い込んだ少年の物語である。 これもまた、現実派には「?」な設定でありながら、ぐっと読者意欲を鷲づかみにされるような良質のファンタジーで(あえて、ホラーといいません)しみじみ、じわじわ心に染み入るような話だった。
これはかなり印象に残る作品で、次作が待たれる。期待大の作家さんですよ!もっと他の賞をとってもいいぐらいかも♪

読み終えて「蟲師」(漆原友紀・漫画)みたい…と思ったのだけど、両方をご存知の方は、そう言う感想にたいしてはいかがでしょうか?
「蟲師」好きの娘に「あのねー、夜市って言う本を読んだんだけど、その雰囲気がねー…」とそこまで言って娘は「蟲師?」と当てました。娘は「夜市」未読なんだけどね。作品の放つオーラ自体が似通ってるような気がするのはわたしだけかな?

私はホラー大賞の中では(無論全部読んでるわけではないけど)「黒い家」以外はいまひとつ、相性の良い作品に出会えず、前々年の「姉飼い」に至っては、少し読んだだけで萎えてしまい、こう言った「不思議系ホラー」に対しては、自ら進んで読もうという気分はなかったのだけど、オススメしていただいた「都市伝説セピア」(朱川湊)や今回の「夜市」はとっても、引き込まれるように読んだ。

ただ、この「夜市」が「黒い家」と同じジャンルってのは、ちょっと違うような気がするし、ホラーとしては断然「黒い家」の怖さが勝ってるということだけは確認しておきたいところです。
しかし、この本「夜市」はオススメですよ!!

あさみさんにお借りしました。ありがとうございました!!
スポンサーサイト
13:43 : [本・タイトル]や行トラックバック(5)  コメント(8)
ホラーというより、確かに、じわっとくるものがありました。でも、ちょっぴり怖い。もし、古道に迷い込んでしまったら、夜市に入り込んでしまったら・・・。なんて、ちょっとありそうな気もしました。

2005/12/06(火) 22:27:43 | お名前は? │ URL | [編集]

TBありがとうございます♪
この本は、あとからじわじわ来ます。どちらも、現実世界から少し外れたところの物語です。「赤いろうそくと人魚」みたいに、日本独特の不思議世界を素敵に描いてあると思いました!迷い込んで…見たいような、見たくないような…(笑)

2005/12/08(木) 09:33:54 | short │ URL | [編集]

TBさせていただきました。
恒川さんや朱川さんのような、せつない系のホラーがもっと広まってほしいです。

2006/01/14(土) 21:12:51 | モーラ │ URL | [編集]

こんにちは、モーラさん♪
朱川さんもいいですよね♪
今読んでる本が終ったら、朱川さん冊行きますよ~~。
モーラさんも読まれてるかな。
TBありがとうございました♪

2006/01/16(月) 13:56:34 | short │ URL | [編集]

shortさん こんばんは。
私のほうからはTBできました。
FC2同士なのに、不思議ですね。

恒川さんは、他にも作品があるのかな?
もしまだなら2作目はプレッシャーですね。
頑張って欲しい作家さんですね。

2006/04/14(金) 00:13:47 | bon │ URL | [編集]

やた~♪TBできました!
ああ、よかった。
bonさんからのTBもありがとうございます。
朱川さんの泥臭さ、わかる気がします♪
恒川さんはまだこれ一冊じゃないのかなぁ。
次の作品にどうしたって期待高まりますよね!
ほんと、頑張って欲しい~♪

2006/04/14(金) 16:46:25 | short │ URL | [編集]

確か、shortさんの感想もあったはず、と探していたら、もう去年に読まれてたんですねー。
「夜市」、すごく良かったです。不思議系の話は、実は余り好きじゃないのですが、これはかなり引き込まれました。
私も読んでいる間、「蟲師」と乙一作品を思い出していました。
懐かしさ加減が「蟲師」寄りでしょうか。
朱川湊人は未読なのですが世界観が似ているのなら、読んでみたいです。

2006/05/29(月) 18:23:58 | ブラッド │ URL | [編集]

いいでしょー!やっぱ、蟲師と感じが似てるでしょ?表紙の感じもどことなく。わたしも不思議系はちょっと得意じゃないのですよ。でもこれは別格。去年のベスト10に入れました!!すごいインパクトだったもん。
朱川さんもよいけど、この「夜市」ほどではないと思うよ。わたしはどれも★4こで同じくらいのおススメ度なんですが、一番はドレ?って聞かれたら「花まんま」ですね!よかったら読んで読んで♪

2006/05/30(火) 12:53:35 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

                          「夜市」(恒川光太郎著)を読みました。裕司は、女友達を誘って夜市に出かけます。彼は、昔、夜市で弟を売って、野球の才能を手に入れました。今回は、その弟を買い戻そうと大金を持って出向くのですが・・・簡潔で..

2005/12/06(火) 22:39:58 | ふわふわ卵

昨日は雨に雷に眠いしテンション上がりませんでした。こんばんは。昨日は そんな感じで1日終わってしまうのか~と思いながら良い本無いなかぁと思い 本屋に行って立ち読みしてたら「夜市/恒川光太郎」という本が目にとまったので買ってみました。基本的に本とCDは出会いだと

2005/12/09(金) 03:59:19 | ZINE

【さて、夜市で何を手に入れようか・・・】第12回日本ホラー小説大賞受賞作 「夜市」恒川光太郎著。 発表されたばかりの直木賞候補の作品でもある。 まずは表題作の「夜市」 全てのものが手に入るという不思議で幻想的で非現実的な夜市。幼い頃に迷い込んだこ....

2006/01/05(木) 11:36:21 | 雑板屋

「夜市が開かれるそうなんだ」大学二年生のいずみは高校時代の同級生、裕司から夜市に行こうと誘われる。異世界同士の狭間に開かれる、何でも望むものを買うことができる市場「夜市」。裕司が密かに抱えている、夜市にまつわる暗い過去とは…第134回直

2006/01/14(土) 21:10:46 | ホトケの読了book  南無阿弥陀仏

夜市恒川 光太郎 角川書店 2005-10-26売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools何でも売っている夜市。幼い頃夜市に迷い込んでしまった祐司は、夜市から抜け出すために弟と引き

2006/04/14(金) 00:09:31 | 本読み日記