金魚すくい

8月10日の、十日盆の祭りにて、金魚を(友だちの分まで)持ち帰った娘。
今回、発泡スチロールの保冷箱に水を貼り、入れることに。
(ブクブクは使ってません。)
それが、なんと1ヶ月を過ぎた今も元気に生きています!

その数日前のお祭りでもらって、海苔の瓶に入れてた金魚は、すぐに死にました。
思うに、発泡スチロールって、空気を通すのでそれが金魚にいいのでは?
なぜなら、水を入れた発泡スチロールの箱は、その地面がじっとりとぬれているのです。
水が染み出ている?ということは、空気も少し入ってる?
ともかく、金魚、生きてます。ブクブクなしに、ひと月以上!元気です。

ただ、水は毎日換えています。
そして、昨日はヘビが来ていました。金魚を食べに??追い払ったらその後は来ないけど。
そして、冬はどうするのか。。外に置いてるんですが(水が染み出るから)家の中に入れないと、金魚は寒さで死んでしまうのでは?

色々困るけど、でも、金魚が生きているのは喜ばしいのです。
ちなみに、娘は一度も水を換えません。(こらー!!絵文字名を入力してください


こちらの地方では、「弥富」という金魚の養殖で有名な所があります。
金魚祭りというお祭りもあります。
ところが、お祭りなどのイベントで「金魚すくい」をする子どもや、金魚を持ち帰る子どもが年々、減ってきていると、先日ニュースで言ってました。
ウチもそうだけど、やっぱりお母さんとかが「金魚持ち帰り禁止令」を出すらしいです。

でも、今後、ひょっとして発泡スチロールがその流れを変えるかも?
ただ、越冬の問題さえ解決すればね・・・・(^^ゞ




スポンサーサイト
23:12 : [そのほか]もろもろトラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL