さよなら渓谷/吉田修一

4104628042さよなら渓谷
吉田 修一
新潮社 2008-06

by G-Tools




俊介は、奥団地と呼ばれる古びた市営住宅に、内縁の妻かなことひっそりと暮らしていた。
が、隣に住む母子家庭の主婦が、子ども殺しの容疑を掛けられ、世間やマスコミに注目されてしまう。
隣に住むものへも影響は免れず、俊介は思いがけずマスコミがらみの古い知り合いに会ってしまう。
古い知り合いが、事件を追う記者の尾崎に漏らした俊介の過去とは・・・。
そして、尾崎が調べた事件の結末とは・・・。



やりきれない実在の事件をモデルにして取り扱っているので、感想も書きにくいです。
本筋の事件(過去)の詳細が、冒頭の事件をきっかけとしてだんだんと明らかになっていく。
その中で描かれる、男の気持ちと女の気持ち、自分だったらどうだろう?と思うと良く分かりませんが、小説としては面白かったです。

以下ネタバレで↓

隣の主婦が起こした事件というのは、秋田の我が子を含めた連続児童殺人事件のことで、主人公がかつて起こした事件とは、よく似た事件がたくさんあってどれの事やらわからないぐらいですけど、大学の野球部が起こした集団レイプ事件。
どっちの事件が展開に大事かというと、主人公側の事件です。はっきり言えば、隣の主婦が起こした事件は何も実際の事件になぞらえて描く必要を感じませんでした。
主人公側の起こした事件は、これも許しがたい事件。自分がこの事件の被害者だったら、というのは置いておいて、俊介とかなこふたりの関係は、切なさと哀れさと痛さとその他もろもろ入り混じった複雑な関係で、その辺が読みながらも釣り込まれた部分です。
とにもかくにもかなこの生涯が哀れで悲しい。そしてそれをかなこに与えたのは、ほかでもない俊介だったという事に、複雑な気持ちを抱きます。
同じグループで同じ犯罪を犯したひとりに、社長の息子がいて、その人物はその後とくに事件の影響も受けずに、まさにのうのうと暮らしている。その姿を見たときに俊介は「自分のあるべき姿」というのを悟ったんではないでしょうか。
罪を犯したものは、その後の人生をどう生きればいいのか。そんなことがなかなかリアルに描かれていると思います。




スポンサーサイト
20:57 : [本・タイトル]さ行トラックバック(1)  コメント(6)
shortさん…ごぶさたです。
この本ウチにもありまーす。
『切羽へ』が終わったら突入するので
ネタバレは避けて通りますね(笑)。
吉田さん路線変更されてるんですかね。
それとも両刀でいくんでしょうか。

2008/07/14(月) 22:29:32 | ユミ │ URL | [編集]

ユミさん
コメントどうも~♪
吉田さん、
1東京湾景
2悪人
に続き、まだ3作目。
たしかに、東京湾景と比べたら全然違うテイストですね。
サクッといけますよ!!
読んだら語りましょう~~♪

2008/07/15(火) 11:27:11 | short │ URL | [編集]

こりゃ困った本ですね。
ワタシ的には非常に面白かったです。
こういう発想がすごいよね。
ありえん…。

2008/07/30(水) 11:08:51 | ユミ │ URL | [編集]

ユミさん
非常に非常にお返事が遅れてしまい
本当にごめんなさい(>_<)
面白いと思ってはいけないと思うんだけど、おもしろかったよね。
ありえないもんね!
でも、被害女性もこう言う形であれ、救われればいいのかなぁ。
物凄いトラウマだと思うんだよね。
死にたくなるぐらいに。
一緒にいることでトラウマが克服されるって言う事が実際にあるのなら、それも良いのかもしれません。
ただし、本当にそういう被害にあった人だけがソレはコメントできる事だと思うけど。

2008/08/15(金) 00:41:21 | short │ URL | [編集]

ショートさん、こんにちは♪
ネタバレ反転読ませていただきました。

そうですね、男(加害者側)の身勝手さが表れてますよね。
なかなかうまいこと書きはりますね。

結論はすごく曖昧で(吉田さんらしい)、まあ恋愛感情があったかどうかということにまで話を伸ばせばもっといろんな意見も出るのでしょうが、作者の意図が少し読者にとっては空回りしてるようにも見受けれました。
でもショートさんのおっしゃるとおり、小説としては面白いですね。

こんな題材も書けるようになったのかと正直思っております。

TBまた失敗しました。
よければ私ところに送ってくださいませ。

2009/02/08(日) 16:42:43 | トラキチ │ URL | [編集]

トラちゃん
コメントとTB(不具合ですみません)ありがとうございました。
上手い事書けてましたか?
感想難しい作品でした。
どうなんだろう。やっぱり「性犯罪被害にあうという事」という
手記を読んだりしたら、これは小説だなぁと思ってしまいました。
トラちゃんの感想もなるほどなぁと感心しました。

2009/02/10(火) 23:14:17 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

さよなら渓谷(2008/06)吉田 修一商品詳細を見る 装幀は新潮社装幀室。ネタバレありです。 警察は幼児殺人事件で幼児の母親、立花里美を逮捕しま...

2008/07/27(日) 03:26:50 | 粋な提案