虚夢/薬丸 岳

4062147416虚夢
薬丸 岳
講談社 2008-05-23

by G-Tools

通り魔に襲われた一家が味わう地獄のような日々。そのなかで生き残った家族が感じる理不尽さや、癒されることのない悲しみや苦しみがもたらすものは。。。

とても、読物としてはよく出来ていると思う(ナニサマな発言ですが)。釣り込まれたし、一気に読めたし、登場人物たちにも充分感情移入ができた。と言う事で、いい作品だと思うのですが、ノンフィクションが好きで、とくに「累犯障害者」や「自閉症裁判」などを読んでしまった後では、やっぱり「小説」の域を出ていないと感じられてしまいました。どうしても、あの事件を思い出すし、あの事件を思い出せば事件の陰で「今まで生きてきて一度も楽しいと思ったことはない」と言って短い人生を閉じて行った妹さんのことを思い出さずにいられず。被害にあった人たちの苦しみも筆舌にしがたいとは察しますが、きっと表面からは見えない苦しみや悲しみがあちこちにあると思うのです。
でも、刑法39条に関する疑問、心神耗弱心神喪失によってたとえ何人人を殺しても、罪に問われないあるいは、軽い刑で済むということ、それが果たして正しいのかどうかと言う問題提起は重いです。
ぜひとも、広く読まれたら良いと思う作品です。
ただ、「天使のナイフ」同様、登場人物たちのつながりに、あまりにも都合の良い偶然が多すぎるような気がしましたが。

スポンサーサイト
20:27 : [本・タイトル]か行トラックバック(1)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

装幀は多田和博。書き下ろし。心神喪失の通り魔に愛娘・留美を殺された三上夫妻。事件の4年後、孝一に離婚した妻・佐和子が犯人とすれ違っ...

2008/08/16(土) 01:00:33 | 粋な提案