FC2ブログ

バベル

B000UDNQZSバベル スタンダードエディション
ブラッド・ピッド.ケイト・ブランシェット.ガエル・ガルシア・ベルナル.役所広司.菊地凛子.二階堂智.アドリアナ・バラッサ アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
ギャガ・コミュニケーションズ 2007-11-02

by G-Tools


一丁のライフルを発端に、3つのばらばらの土地で、それぞれの人たちのドラマ(とういか災難)が描かれていく。。。

アカデミー賞で話題になったけど、まぁボチボチっていう感じですかね。同じ監督なら「21g」のほうが断然胸に迫るし、インパクトがありました。菊池凛子さんの演技はさすがだったと思う。表情がその場面でガラッと変わって、可愛い顔やいやらしい顔、むすっとした顔とコロコロ変わる表情には魅せられてしまいました。でも、あの日本の物語がなかったほうがきっと、もっと胸に迫る映画になったと思うんだけど、それはやっぱりわたしが日本人だからなのかな。
貧しいモロッコの親子、きょうだいの暮らし、そしてブラピの家に仕える家政婦の立場、それぞれはとっても見応えのあるドラマになってて、現実の厳しさを垣間見る事ができたと思う。。

しかし、この映画で何がよかったって今回はやっぱりガエルくんのカッコよさにつきましょう。
「恋愛睡眠のすすめ」みたいな、ぽわーんとした感じも「可愛い♪」と思いましたが、今回のガエルくん、かなりワイルドでセクシーな男の魅力にあふれてました。
眼福眼福。

あっさりした感想でゴメンなさい。(~_~;)
★★★☆
スポンサーサイト



13:17 : [映画タイトル]は行トラックバック(1)  コメント(2)
私も最近見ました~。
劇場じゃなくて家で見ると、この手のは眠くなっちゃうかなと思ったんですけど、意外に、夢中で見ちゃいました。
確かに、なぜわざわざ日本を持ってくるかな、とわざとらしかったですけど、でも菊地凛子の演技を見る価値はありましたね。
彼女の抱える、今にも爆発しそうな怒り、みたいなのがすごくよく分かりましたもん。
きっとろう者である自分の境遇にも、今すごく腹が立ってるんだろうな、とか。
演技うまいですね。
今後、彼女がどんな女優さんになって、どんな作品に出るのか興味津々です。
これっきりになってしまうのか・・・。

あの遊牧民一家は、悲劇でしたね。
ベビーシッターも。そういう容赦ないところも、痛いけど、よかったです。

2008/04/19(土) 23:55:47 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

じゃじゃままさん♪
ブラピ好きの友に借りました。これ。
ブラピはたしかによかったですね。
菊池凛子さんもすごい演技力で、今後が楽しみです。
しかし、なかなかあそこまで「いやらしい行為」をする女子高生はいないんじゃないですか?ちょっと違和感がありました。特に歯医者へのセクハラとか、ハダカで刑事に迫ったりベランダに佇んだり、父親に抱きついたり。あり得ない~、と感じてしまいましたよ。あの役所広司もセレブっぷりがいやらしかったかなーと。だから海外でハンティングなんでしょうけどね、世界が違うわぁと・・。
遊牧民とベビーシッターの話はよかったんですけどね~~。
アメリカって、そんじょそこらで遭難してしまいそうなのですね。日本じゃ考えられない。

2008/04/22(火) 10:11:24 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

2008/04/19(土) 23:36:33 |