ヘアスプレー

B0012EGLLAヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ザック・エフロン ニッキー・ブロンスキー クィーン・ラティファ
角川エンタテインメント 2008-04-04

by G-Tools


監督 アダム・シャンクマン
製作総指揮 アダム・シャンクマン 、マーク・シェイマン 、スコット・ウィットマン 、
       ギャレット・グラント 、ジェニファー・ギブゴット
脚本 レスリー・ディクソン

ジョン・トラヴォルタ (エドナ・ターンブラッド)
ニッキー・ブロンスキー (トレーシー・ターンブラッド)
ミシェル・ファイファー (ベルマ・フォン・タッスル)
クリストファー・ウォーケン (ウィルバー・ターンブラッド)
クイーン・ラティファ (モーターマウス・メイベル)
ザック・エフロン (リンク・ラーキン)
ブリタニー・スノウ (アンバー・フォン・タッスル)
アマンダ・バインズ (ペニー・ピングルトン)
ジェームズ・マースデン (コーニー・コリンズ)


トラボルタの特殊メイクが気になっていた話題のミュージカルです。
わたしはミュージカル仕立ての映画は、「サウンド・オブ・ミュージック」以外は割りと苦手なのですが、この「ヘアスプレー」に関しては、ダンスもありテンポも良く視覚的にもとっても楽しくって、全編楽しめました。
実は「人種差別」というヘビーな問題を提起していて、思っていたよりもシビアな内容だったので、意表を付かれましたが。主人公の女の子のバリアフリーな思考が映画を明るくしていました。
特に好きな場面は、黒人の生徒たちが、主人公たちを自分たちの街へ招待しているときの歌とダンス。バスに乗る前にもすごく魅力的な歌とダンスに感動させられた!
このときのタイトルは「ラン・アンド・テル・ザット」らしい。サントラの中でも人気の楽曲です。「自分たちは貧乏だけど、生きるパワーを持っている」と明るく歌い踊る彼らの力強さに、こっちも元気にさせられる事間違いなし。狭いバスの中でも歌うわ踊るわ、すっごく楽しい!!。
そして今回注目したのは、テレビの司会者のコーニー・コリンズ。彼は「魔法にかけられて」のエドワード王子!!(言われて見れば!っていう感じだったけど)「魔法にかけられて」のときもとってもいい役で好感度高かったけど、今回も歌もダンスも上手だったし目が吸い寄せられてしまった。役としても非常にいい位置でした。ますます好感度アップ。
ミシェル・ファイファーも非常にハマり役で頑張ってました。歌も上手いね~。
しかし、なんと言ってもウォーケンおじさま!!
ヘンテコなおもちゃ屋サンの店主の面白い事。
そして最後の「メイク」とか。。。笑わせてくれたよ~。大好き!!

トラボルタのママは、「特殊メイクってすごいな」と思わせられるものだったんだけど、手がオッサンでしたね。トラボルタって手が大きいね。ごついし。ああ言う太目の女の人は実は手も、えくぼのあるプクプクした手をしているものだけど、手までは無理だったか。ちょっと残念でした。
でも、ダンスが見られて往年のファン(というほどのファンでもないけど)には嬉しい映画。
若かりし頃の「サタデー・ナイト・フィーバー」や「グリース」が見たくなるのは間違いない(^^)

ちなみに、日本語吹き替えで見ると、トラボルタママの吹き替えは、多分われらが山ちゃん!

★★★★☆

久しぶりにサントラが欲しい!!と思った映画。
B000V3PRBI映画「ヘアスプレー」オリジナル・サウンドトラック
サントラ クイーン・ラティファ ジョン・トラヴォルタ&ミシェル・ファイファー
ユニバーサル ミュージック クラシック 2007-10-03

by G-Tools



B000TJIV6Cサタデー・ナイト・フィーバー 製作30周年記念 デジタル・リマスター版 スペシャル・コレクターズ・エディション
ジョン・トラボルタ.カレン・ゴーニイ.バリー・ミラー ジョン・バダム
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2007-09-21

by G-Tools

B000GM4CCEグリース スペシャル・エディション
ジョン・トラヴォルタ オリヴィア・ニュートン=ジョン ジェフ・コナウェイ
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2006-09-08

by G-Tools

B00118Q9ZAグリース2
マックス・コールフィールド.ミシェル・ファイファー.エイドリアン・ズメッド パトリシア・バーチ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2008-02-20

by G-Tools

おお、グリースの2にはミシェル・ファイファーが!!知らなかった。。(笑)
スポンサーサイト
11:02 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(4)
私はあの女の子がすっごく可愛くて、歌もうまいし、ノリノリ!(笑)
でも確かにただのご機嫌な映画ではなくヘビーな問題も扱ってましたね。
もったいないのが、我らが?王子。(笑)
私、あっちよりもこっち(笑)を先に見ちゃったので、shortさんの方が2倍楽しめましたよね~。
王子がこっちでもいい奴だった記憶はかすかにあるんですけど、さほど注目してなかったので、もったいなくて。
また見たら、2倍楽しめますね、絶対。
特殊メイクが話題なのは分かるんですけど、やっぱ・・・正直、汚い。(爆)

あとヒロインの女の子が、終盤でショーに出るとき、髪形が番組用?でぺっちゃんこになってて、あのふっくら髪型の方が可愛かったですね~。

2008/04/15(火) 22:46:43 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

じゃじゃままさん♪
「ドリームガールズ」は、わたしはダメだったけどこっちはとってもよかったよかった♪
王子ね、最初に教えていただいていたからだと思うけど、大注目しちゃった(笑)
わたしも「魔法にかけられて」は吹き替えだったでしょ。だからこの映画で、王子の生歌を聞いて「うまーい!いい声!」と余計に嬉しかったですよ(笑)
ちなみに「スーパーマンリターンズ」にも出てるらしいです。彼女のダンナ役らしい。あの時「どうしてもっとイケメン俳優にしてくれなかったんだろう」と思ったんですが・・・(~_~;)
天下のおばか映画「ズーランダー」にも出てるんですって。持ってるんですよ、これ(中古)今度確認しなくては!!(笑)
トラボルタ、じゃじゃままさんのおっしゃるように、もっと歌の巧い黒人のビッグママ並の女優さんを起用した方がよかったのかもね。ダンスと言っても、あの特殊メイクというか、装備?が邪魔そうで、期待したほどのダンスじゃなかったしね。
ヒロインの子は、ほんと、声がきれいですよね。髪型ね~ラストのは、なーんか急に現代っぽくてちょっと違和感があったけど。
でもまぁそれらツッコミどころを差っぴいても、充分満足楽しめる「ごっ機嫌」な映画でしたよん♪
サントラもituneだけど、ポチしてしまいましたよ。。クルマの中でご機嫌です♪

2008/04/17(木) 14:49:56 | short │ URL | [編集]

え~~、「スーパーマンリターンズ」も見たのにまたもや覚えてない。
つくづく勿体無いことしてますよね。(笑)
でも、ほんと、「魔法にかけられて」以外では全然鼻の穴気にならなかったのに、なぜかこの間は、穴、すごかったですよね~。不思議、同じ人なのに。(爆)

2008/04/17(木) 23:03:03 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

じゃじゃままさん、「スーパーマンリターンズ」はとっても切なくていい映画でしたね。わたしは好きです。
で、王子は彼女ちゃんのだーさまの役だったでしょう、またこれが顔は不細工だったけど(すんません)いい奴だったんですよ~~思い返せば。
王子って、結構役柄に恵まれていると思いますよ。
うん、鼻の穴はね、(笑)「スーパーマン」の時はあんまり感じなくて「ぶサイク!」って思ってただけでした。
「王子」の時は思いっきり顔を上げて「歌い上げてた」から(途中で邪魔されてばっかりだったけど)目だったんじゃないでしょうかね(笑)

2008/04/18(金) 22:47:16 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL