FC2ブログ

魔法にかけられて

監督 ケヴィン・リマ
製作総指揮 クリス・チェイス 、サニル・パ-カシュ 、エズラ・スワードロウ
音楽 アラン・メンケン
脚本 ビル・ケリー

エイミー・アダムス (ジゼル)
パトリック・デンプシー (ロバート・フィリップ)
スーザン・サランドン (ナリッサ女王)
ジェームズ・マースデン (エドワード王子)
レイチェル・カヴィ (モーガン・フィリップ)
ティモシー・スポール (ナサニエル)
イディナ・メンゼル (ナンシー・トレメイン)

ディズニーアニメでは欠かすことの出来ないプリンセス、アンダレーシアという国のジゼルが悪い女王に魔法にかけられて現代のニューヨークにやってくる。偶然通りかかった弁護士ロバートと娘のモーガンに助けられたジゼル。そジゼルを追って婚約者のエドワード王子やリスのピップ、魔女の手下として執事のラザニエル・・・ついには女王もやってきて、みんなでてんやわんやの中で、プリンセス・ジゼルが本当の愛に気付いてゆくファンタジー。

面白かったです!!

ミュージカルと言うのは、ミュージカルが苦手な人にとっては歌わなくてもいい場面でいきなり登場人物たちが歌いだす事への違和感や、気恥ずかしさがある。
それを逆手にとって、ミュージカルを「笑」っちゃおうって言う感じの映画です。
それだけじゃなく、現代社会にいきなりやってきて、戸惑うジゼルの純粋さやひたむきなカンジが爽やかな感動を呼びます。ジゼルに(婚約者がいながら)引かれていくロバートの気持ちの変化も、充分伝わってきて胸キュンです。(娘のモーガンがまたかわいい!)
一番の功労賞はエドワード王子。面白かったんです、この人!!この非常なまでの濃さがなくては、この映画は全然つまらないものになったでしょう。もちろん好きなタイプじゃないですけど(笑)でも、とってもいい!!なくてはならない人でした。エドワードを見るだけでもこの映画、一見の価値アリと思います(笑)

そして、内容。
ファンタジーです。まったくの。
だから、双方が結局はW不倫になるとか、その後をどうやって生きていくんだろうとか、そんなことは真剣に考えてはいけません。
数あるツッコミどころも全部「ま、いいか~♪」で済ませてしまうことが出来る、勢いとパワーのある面白い映画でした。

この映画を見ている最中に「ニューヨークの恋人」を思い出したんですが、「ニューヨークの恋人」は過去から王子様がやってくるんですよね。たしかによく似ています。
でも、「王子」の雰囲気が全然違ってて、あんまり「似ている」とは感じませんでした。
「ニューヨークの恋人」は、メグ・ライアンが王子の世界に行ってしまいます。
わたしはそのとき、水洗トイレも女性用のサニタリーも現代化していないところで、どうやって暮らせるんだろう、と真っ先に思ってしまった。あれもファンタジーなんだからそんなことは考えてはいけなかったんだけども、でも考えてしまった。
でも、今回はそういう「ツッコミ」はなかったです。これはこれでヨシ!っていう風に割り切れました。

★★★★
スポンサーサイト



11:27 : [映画タイトル]ま行トラックバック(0)  コメント(10)
さっそく観に行ってきましたか♪
早いなぁ。
ディズニーにしては結構なチャレンジだったように思うけど…
shortさんの★4つで安心したわ♪
ウチは騒いでるわりにいつもDVD鑑賞になるので今回も…。
結局愛しのジョン・トラボルタの『ヘアスプレー』も観てないし(汗)。
ちなみにDVDは4/4発売ですよー。

2008/03/21(金) 14:56:24 | ユミ │ URL | [編集]

ユミさん、結局見に行きましたよ。
面白かったし、楽しかった~!
「歌」好きな娘も、満足できたようだしよかったです~。
ヘアスプレー、わたしも見てない。
DVDリリースを心待ちにしていますよ~~。
期待大だよね♪

2008/03/22(土) 00:22:15 | short │ URL | [編集]

私も「ニューヨークの恋人」思い出しました!ヒュー・ジャックマンとロバート役の人雰囲気似てません?
エドワードの鼻の穴がでかくて、彼が出てくるたびに目が釘付け!(笑)
いい男風なのに、なぜか鼻の穴が馬っぽくてね~。
だからジゼルは、この鼻の穴男と??と思ったら、やっぱりプリンセスのお相手は2枚目って相場は決まってるんですね。

いやいや、エドワードだっていい奴なんですが。
子どもと一緒だったので吹き替えだったのが残念ですが、舞踏会の音楽のシーンまで歌が日本語だったのには心底がっかりだったし、笑いました。

2008/03/23(日) 16:28:44 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

じゃじゃままさん、さっそくご覧になったのですね!
面白かったでしょう~~♪
ニューヨークの恋人の逆バージョンみたいなね。。
ロバート役のパトリック・デンプシー、わたしはヒュー・ジャックマンと言うよりもショーン・ペンの若いときって言う感じがしています。でも、ショーン・ペンよりもいい男ですよね。
エドワード王子の鼻の穴の大きさ!!わたしも思った~(笑)鼻の穴男!!ウケル!!(笑)
好きなタイプじゃないし、うっとおしいヤツ!!って思うんだけど、でも、イイやつなんですよね!エドワード王子は。

昔の映画は、吹き替えのときは歌だけは原語だったんだけどね。今は歌も吹き替えですよね。
今度、字幕版見たいです!!
二回見てもいい、と思える映画でしたよね!(と、同意を求める(笑))

2008/03/24(月) 00:25:53 | short │ URL | [編集]

またまたおしゃべりに来ました~。
ああ、そう言われてみれば顔の彫みたいなものはショーン・ペンかも。
髪の色が「ニューヨークの恋人」似だったのかな。(笑)
でも鼻の穴男とロバートでは、後者に軍配が上がっちゃいますよね。
王子、本当にいい奴なんだけど・・・。

友人が「ヘアスプレーの司会者役だった人だよ!ね~、カッコウいいよね~」って同意を求められたんですけど、「ヘアスプレー」も確かに見ましたけど、司会者、王子でしたっけ??
言われてみれば、そうだったような気もするんですけど、だからといって格好いいよね~には、さほど同意できません。(笑)
いやいや、角度や数秒なら、そう思えた瞬間もあったんですけどね。

やっぱり字幕で見たかったですよね!彼女たちの本物の声で歌聞きたかったし。
shortさんも吹き替えだったんですね、私だけじゃなくてよかった。(笑)

2008/03/24(月) 21:34:40 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

そうですよー、うちも吹き替えです。
子ども、中一にもなって字幕版が苦手なんです!
わたしも、こう言うアニメっぽいのは吹き替えオッケーなのです。
でも、字幕版も見て見たい!

ところで、まだヘアスプレーを見てないんですよ。レンタルリリースしたら早く見たいのですが。
エドワード王子が出てるんですか??
チェックしておきます。

ん~~~、ひとの好みは千差万別、タデ喰う虫もなんとやら、と言いますので、ご友人の好みに異論を挟む事はできませんが、しかーし、わたしの好みからは大きくはずれますね!
やっぱあの鼻の穴は、わたしの中ではかなりのマイナスポイント!
外人さんは鼻が高いので、必然的に鼻の穴も大きくなると思うのですが、しかしモノには程度って言うものが。。
わたしの中で鼻の穴が大きくてNGだったのは、なんと言っても「ターミネーター3」のジョンコナー役の俳優でしたが、エドワード王子も結構負けてないなぁと思いました。わたしは鼻が低いせいもあるのか、鼻の穴はさほどに大きくないと思ってるんですが、エドワード王子の鼻の穴はわたしの鼻の穴の何倍あるんだろう・・と、思ってしまいますよ。

ちょっと鼻の穴、連発しすぎましたかね(^^ゞ
ショーン・ペンもそんなにイケメンではないですが、ロバートはそこそこカッコイイと思います。
なんといっても鼻の穴が気になりませんものね!(しつこい!!)

2008/03/25(火) 13:35:14 | short │ URL | [編集]

やっぱり気になったので、「ヘアスプレー」チェックしてきました!やっぱり王子でしたよ!!
あの映画は私大好きで、ヒロインもかなりぽっちゃりだけど、キュートだし、歌も抜群!ヒロインを抜擢してくれる人気番組の司会者だったかな。やっぱりここでもいい奴でしたよ。
ただ、「魔法にかけられて」みたいに鼻の穴気にならなかったんですよね~。
今回は、あの髪型、王子スタイルにしちゃったのが敗因でしょうか。(笑)

「ターミネーター3」も見てるはずなんですけど、え~、覚えてない、鼻の穴。
ただ、あの映画はシリーズ進むごとにな~んかイマイチなんですよね。
「ヘアスプレー」見るときに、王子の存在分かってるから、楽しみ倍増ですね!
でも、私も次見たら意識して鼻の穴ばっかり見ちゃうかも。

2008/03/25(火) 14:59:52 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

うっふっふ。ヘアスプレーたいへん楽しみにしています!鼻の穴チェーック!!
でも、そう言えば、じゃじゃままさんがおっしゃったから、鼻の穴が気になりだしたのかなぁ・・。なーんて。
これからは、どの俳優さんを見るときも、ちょっとチェックしちゃいそうです。鼻の穴(笑)
ちなみに、好みの鼻の穴は、やっぱりケビン・コスナー系のシュッとした形かな!(笑)

さて、T3のジョンコナーですが、どこかで機会があったら見てみて下さい。
http://us.imdb.com/media/rm736467712/nm0001763
↑これ、見えるかな?
なんか、くたびれきった小汚いオッサンになってますけど。
わたしは、「ターミネーター2」も、「1」と同じくらい好きですよ!
少年、ジョン・コナーが可愛くてかわいくて!
冷たい母親への報われない思慕、
ターミネーターにも擬似的な父性を感じて、いじらしいじゃないですか~~。
だからなおのこと、3ではあんな男にジョンの役をさせたことが腹立たしくて。
最初に、登場した時、ぶっ飛びましたもん。
誰だ、この不細工は!!って。
椅子からずり落ちて放心したまま、映画は終ってしまいましたよ(ちょっと大げさ)

2008/03/27(木) 22:20:07 | short │ URL | [編集]

見れましたよ~。もうっ!shortさんったら、わざとあんな写真を選んじゃったのかと思ったくらい、鼻の穴目立ってません?(笑)
2はシュワちゃんも善人で、面白かったんですけど、私は1のマイケル・ビーン(でしたっけ???)が、すっごいビビビっときちゃったんですよ~。
でも彼、他の映画で見たら全然普通のおじさんでがっかりでしたけど。
確かにストーリーは進むごとに新しくなってるって感じで(当たり前だけど)どんどん手が込んでいて面白さはありましたけどね。
でも私、そういえば3って覚えてないんですよね~。2はシーンのいろんなところ覚えてるんですよ。1もですが。

2008/03/31(月) 22:53:00 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

じゃじゃままさん、ご覧になりました?あの巨大鼻ホール!!穴って言うよりも「ホール」と呼びたくなりましたよ(笑)
いえいえ、写真だけじゃないんです。実物(映画の中しかもちろん見てないんだけど)も、ビックリするぐらい巨大です。
なぜ、この人を選んだのか…。本当に謎!!
マイケル・ビーン!!わかるわかる!!わたしも彼が大好きだったんですよ~~!!2よりも1の方が、リピート率は断然高かったんです。何度も何度も見ました。
これはわたしの映画暗黒時代(子育て中で映画のチェックもしなかった頃)の映画で、最初に見たのはテレビ初放映のときだったんです。
わわ、こんな面白い映画があったなんて~!!と、食い入るように見てました。
ちょうど、いつもは添い寝に時間がかかる長男が(当時多分1歳半とか2歳の頃)めずらしく、スッと寝てくれたので、中断しなくても最後まで見られて奇跡のようでした。
マイケル・ビーンとジェームズ・キャメロン監督の「アビス」は、数年後またしても小さい長女がいましたが、夫に預かってもらって劇場に見に行きましたよ。
でも、アビスではマイケル・ビーンはあんまりいい役じゃなかったですね。
話がずいぶん逸れて、長くなってしまってごめんなさいね。
ターミネーターは迫力が増したぶん、夫は「3」も面白かったって言うんですよ。
でも、わたしの中では「3」は削除。
ターミネーターは2で終ってますよん(笑)

2008/04/02(水) 15:04:12 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL