FC2ブログ

ゴールデンスランバー/伊坂 幸太郎

ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
伊坂 幸太郎

新潮社 2007-11-29
売り上げランキング : 612

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


伊坂さんの、超人気作品。図書館の本を借りたんだけど、かなり待ちました!
近未来、街中のいたるところに「セキュリティーポット」という個人情報を取得するシステムが置かれた仙台市で、その土地が輩出した首相が凱旋パレードの最中に、ラジコンヘリを使った爆弾で暗殺されてしまう。
多くの目撃情報から、犯人は数年前にアイドルを痴漢から救った、元配達員の青柳雅春だと手配される。はたして、犯人は青柳なのか。


とにもかくにも、ラストが素晴らしい。ラストまでを読めば、今まで読んでみた全文、どこにも無駄な部分はないと良く分かり、伊坂さんのすごさが分かります。それぞれのエピソード、登場人物、セキュリティポッドなどの小物、それらのつながりがとってもスマートで驚くほどです。「え?この人も?」みたいな。次々と明らかにされる事件の真実に、ただただ「へぇ~」「ほぅ~」と唸るばかりです。
巧い、見事な作品だと思いました。

ただ、自分がすきかどうかと言うと、そこまでは好きじゃないかな。登場人物たちが「いい人」すぎて「爽やか」すぎる。ひねた目線で見てしまう自分がいます。
自分の中では伊坂さんは、どうしても「★4つ」以上にはなれない作家さんなのです。
相性ですかね。伊坂ファンの人気を悪くしないで・・。

でも、文句なく面白い作品でした。

★★★★


ネタバレで思ったこと↓ 反転して下さい

イケメン君だったのに、変貌はもったいない。
その後、彼はどうやって生きていくんだろう。
戸籍もないし、仕事も結婚も何もかもが困難になる。
まだ若い、人生前半なのに。
顔だけでもイケメンのままなら、水商売もいけそうだけど、不細工君になってしまってはね~。
そう思うと暗い寂しいラストでは。。。
スポンサーサイト



20:42 : [本・タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(3)
昨日読み終えたばかりです。
いったいなにが目的で首相暗殺?なぜ青柳君が選ばれたのか?そんなことが疑問のままで終わったのが、余計に印象深いです。私もこの作品は、すっごいと思うんですけど、星は三つなんですよね。なかなかここまで書ききれる作家はいないと思うんですけど、ただあまりにも中身が充実しすぎちゃって、気軽に楽しめないのが、重いんですよね、私には。

20年後書いた人って、変貌しちゃった彼ですか?
彼はこの先どうやって生きていけばいいのでしょう。ここに、巨大な力によって狙われた彼の不運がありますよね。逃げ延びたのは勝ちだけど。

2008/04/22(火) 21:44:53 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

じゃじゃままさん お返事が遅れてゴメンなさい。。。
☆3つはなかなか辛口。この高評価の中、じゃじゃままさん、さすが!と思います。
わたしも面白くは読めたけど、そこまで良いものか?って思ってるクチなので。

>20年後書いた人って
それ、もうすでに忘れちゃってますよ(~_~;)
そう言えば冒頭にそんなことが書かれてたっけね。。
ほんと、誰だろう。本人としか思えないですよね。
わたしも、主人公のこの後のことが気になって仕方がないです。
アメリカとかじゃないんだし、日本では戸籍がないと何にもできない、そのうえ不細工になってしまっては・・・←こればっかり。
そうそう何ゆえの暗殺か!それもね。
わたしも「なぜこの男が?」って思いました。

ともかく、伊坂さんの書く物語は、全体的に「爽やか過ぎる」のが難点。
「こんな学生生活を送りたかった」とか「こんな仲間が欲しかった」という理想を追求しすぎってカンジなのです。

なんか、言いたい放題言ってしまった(~_~;)

2008/04/28(月) 17:32:20 | short │ URL | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/05/05(月) 11:01:45 | - │ | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL