FC2ブログ

自閉症ボーイズジョージ&サム/シャーロット・ムーア

475721443X自閉症ボーイズジョージ&サム
シャーロット・ムーア 相原 真理子
株)アスペクト 2008-01

by G-Tools


すっごくよかったです!!オススメ!

3人の息子のうち上のふたりが自閉症。そんなシングルマザーの奮闘記です。冒頭に、この著者の「とある朝」の様子が描かれている。それを読むと、わぁ大変だなぁ…と思ってしまう。
しかし、本書を読めば読むほどに、その気持ちは大きく変わってゆきます。
もちろん大変なことは変わりません。この著者(お母さん)には頭が下がる気持ちでいっぱいです。でも、ここにあるのは、自閉症を抱えたお母さんの苦労話を、涙ながらに語るものでは決してありません。自閉症の子どもたちとの毎日が、リアルに、ハツラツと、生き生きとユーモア混じりに描かれているのです。
全編にわたってわたしが感じたのは「暗くない」ということ。明るいと言うよりともかく「暗くない」んです。暗くなければ「明るさ」は、おのずと後から付いてきます。
そして、著者が冷静だということ。二人は自閉症と言う点では同じだけど、タイプが全然違うのです。そして3番目の息子は自閉症ではない。三人三様の息子たちの様子を目の当たりにして、その違いを楽しんでいるようにすら感じられるのです。
彼女はこのように、冷静に自分の子どもたちの個性を観察して、分析して、どうすれば子どもたちにとって一番なのかを最優先する努力をしています。そして事実から目を背けず、子どもたちをありのままに受け止めている様子が伝わります。もちろん、常にあるのは母親としての深い愛情。
子どもたちが、どんな事をしでかしても、どんなに自分が大変な思いをしても、それをくよくよしない。くよくよしているよりは前向きに受け止めて、その状況の中で出来る限り子どもたちとの生活を楽しもうとする著者のすがたが、本当の子育てとはこうあるべきだ、こう言う母親でありたい、と感じさせてくれるのです。それは自閉症とか自閉症でないとか、その枠にとらわれず、万人に感じさせるはずです。
最後に著者は、自閉症の子どもを抱える人が周囲にいたとして、その家族に手を差し伸べる方法を、具体的に提示しています。日本人はシャイなのでなかなか積極的に自発的に動くことが出来ませんが、そのときはこの本を思い出したいです。

このジョージとサムの弟ジェイク(自閉症ではありません)が、最後に母親に訴える言葉があります。ジェイクの言葉を聞いて、このお母さんの子どもたちへの接し方が、本当に愛情深いものなんだと、確信できます。そのジェイクの言葉は、是非とも本書で、実際に読んでみて下さい。

すべてを読んだ後、もう一度冒頭の「ある朝」のエピソードを読み返しました。最初に読んだ時とは全然違う目で、彼らの様子を読むことが出来ます。
スポンサーサイト



11:58 : [本・タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(1)
このコメントは管理者の承認待ちです

2008/05/02(金) 21:04:18 | - │ | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL