ドリームズ・カム・トゥルー

B000V200SOドリームズ・カム・トゥルー
ローレンス・フィッシュバーン; アンジェラ・バセット; キキ・パルマー ダグ・アッチソン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2007-10-24

by G-Tools


監督 ダグ・アッチソン
製作総指揮 マイケル・バーンズ[製作] 、マーク・バタン 、マーク・キューバン 、トム・オーテンバーグ 、マイケル・パセオネック 、トッド・ワグナー
音楽 アーロン・ジグマン
脚本 ダグ・アッチソン

キキ・パーマー(アキーラ)
ローレンス・フィッシュバーン (ララビー)
アンジェラ・バセット(アキーラの母)
カーティス・アームストロング (アキーラの中学校長)
リー・トンプソン・ヤング

++++++++++++++++

綴り方大会と言うモノがアメリカにはあるらしい。「スペリング・ビー」って言うらしいですね。メチャクチャ難しい単語のスペルを間違うことなく、聴衆の前で言わなくてはならない、日本人にはちょっと感覚がつかめない大会です。
この映画はそれを舞台にした作品です。
主人公のアキーラは、いわゆるオチコボレたちのあつまる中学では屈指の秀才、飛び級もしているし綴り方など国語の成績はいつもトップ。
そんな彼女が、中学の校長や大学教授の後押しで、全米綴り方大会の優勝を目指す物語です。
ワタシに言わせれば「勉強版ロッキー」って言う感じ。
スポーツでもなく、派手な部分のまるでない「スペリング」と言うモノをテーマにしていながら、地味になりすぎず、だれたり飽きたりする事なく、気持ちよく全編見終えることが出来ました。
主人公が、スペリング大会に出る事によって、教授や母親、友だちと関係を見直し、または築きあげていく過程が、いい感じでした。
ライバルのいけ好かない男の子、父親がいくら男の子が頑張っても拍手一つするでなく喜びもしない、それどころか頑張っても叱られてばかり、幼いころに父親を亡くしたアキーラはそれが気になって仕方がない。そんなエピソードのひとつひとつに、アキーラの気持ちが上手く現れてて見応えがあります。
ラストは分かってるけど、感動!上手い!!みんな頑張れ!と、気持ちよく応援できるハートウォーミングな物語。

★★★★
スポンサーサイト
11:06 : [映画タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL