茶々と家康/秋山香乃

4286028690茶々と家康
秋山 香乃
文芸社 2007-04

by G-Tools



いよいよ、この茶々シリーズの最後の本です。
秀吉亡き後の、石田三成の奮闘及ばず、諸大名が家康に懐柔され次第に関ヶ原の戦いに着々と進んでいく、それが描かれている前半と、後半はいよいよ関ヶ原の決戦に破れたあと、おとなしく余生を過ごしていた淀城の面々に家康が例の鐘に書かれた文字に難癖をつけて戦に持ち込み、豊臣家を断絶させるまで。
今までも書いてきたけど、このシリーズは茶々のイメージを全然違うものにしてくれます。
徳川の世の中が200年も続いて、その間に徳川に不利なことや徳川のイメージを壊すような事はかなり大幅に歴史の上から抹殺されたとか。家康が難癖をつけてまで滅ぼしたかった豊臣一族について、茶々は徹底的に悪女のように言い継がれ、その息子の秀頼についても事実以上に悪く語られてきた、というのは確かに否めないのでは。
実際には、賢く慈愛に満ち信仰心に篤い女であったというのがこの秋山説の茶々像。たしかにそんな風に思えてきます。事実はどうであったのか、それは今となっては誰にも分からないのだけど、でも、かなりの説得力を持つこの茶々のイメージ。
茶々を良く描いてあるからといって、於祢を悪く言ってるのではないところもいいです。二人の女はお互い豊臣を大事に思っていた、ちょっとした考え方の違いから、関ヶ原の時は別れてしまったけど、二人とも秀吉や豊臣家のことを心から思っていたこと、そんな二人の気持ちの動きなどもそれぞれが良く伝わり、実際にもこうだったに違いないと思わせられます。こんな風にふたりに思われた秀吉は幸せな人物であったと思います。

やはり一番の感動は、その生涯の終る時。
一緒に自害するという女たちに言います。「まずは生きてみよ。」と。自分の生涯を振り返り、生きてナンボだぞとみんなを諭し、一人でも多くの女たちを落ちさせます。
そして、息子秀頼との淡々とした、だけど心のこもった別れの場面。秀頼も見事な散り様です。男の中の男!
そして、この三部作通して茶々が望んだのは浅井家の復興、それがささやかに身を結ぶのだという結末も感動的なら、三姉妹の長女として妹たちの行く末を案じ心を砕くところも感動的でした。
落ちて生き延びた女たちは何代にもわたって茶々の命日にはお参りをしたとか、それは徳川の世では非常に危険な行為であったにも関わらず。それほどに人々から慕われた茶々が「悪女」なだけであったわけはない、と。
このシリーズをとおして、茶々というひとの一生涯を覗いた。読み終えて非常に感慨深いです。

ラムちゃんにお借りしました。ありがとうございました。

以下、「茶々と信長」の感想(以前の記事のコピー)
「茶々と秀吉」の感想はこちら

4835590767茶々と信長
秋山 香乃
文芸社 2005-02

by G-Tools

秋山さん、お初でした。結構読みやすい文章を書かれる方で、最初からはまり込んで読むことが出来た。時代的にもこの時代は、わたしにとってもある程度人物相関が頭に入ってて、地理的にも近所であったり、身近に感じるところからも読みやすさは格段。
ただ、わたしはアンチ信長。戦国武将って誰もがどこかしら必ず残酷な部分を持ってるだろうけど、信長の残酷さは格別なのではないかと…。一揆衆などを降伏したにも関わらず騙すように何万人も虐殺したことはインパクトが大きいです。この人が「英雄」とされるのはどうにも納得がいきませんね。
かたや、茶々。後の淀君ですが、彼女に対してもいい印象はない。こう言う時に引っ張り出してくる本「歴史を騒がせた女たち(永井路子)」でも、ねね・北の政所のことは褒めちぎってあるけど、淀君のことは良く書いてない、影響されてるだけなんだけど、やはりそう言う風にインプットされたものはなかなか拭えない。
そんな二人の物語だったけど、信長暗殺までという茶々がまだ小さいときに絞ってあるため、後の淀君とは違う印象で読めました。戦国時代では珍しくないとは言え、父親が戦で死んだり、家を断絶させられたりと不幸の連続、そのために老成してしまいしっかりした少女となった於茶々。頼りない母を助け、長女として妹たちを護り、いつかは浅井家を復興するのだという決意を抱く姿が、健気で涙を誘った。
物語は、二度目の父親となった柴田勝家と母親於市の自害により、敵である秀吉に引き取られるところまでが描いてありますが、於市の方と一緒に過ごす最後の夜の描写など、泣けてしまって仕方がないほどだった。さぞかし、辛い思いをして来たんだなあと思うと、それまでどっちかというと「悪女」のイメージのあった淀君のことが、ちょっと違う目で見られる気がした。
タイトルは、茶々と信長の物語だけど、やはりこのこの時代はみなさん波乱万丈で、どの人とをとっても読み応えのある物語になるのだろうと思う。特にこの本でも、主人公二人と同じくらい於市の方と、秀吉のことが印象的だった。 また別の視点からも読みたいなと思わせられました。

ラムちゃんにお借りしました。ありがとう♪
スポンサーサイト
12:07 : [本・タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(3)
3部作、楽しんで読んでくれてありがとう!
秋山さんの茶々像、見事だったよね。
秋山さんの茶々3部作を読むまでは永井女史が描いた茶々のイメージが強かったのよ。
だから、茶々は自分の息子しか見えない現代でいう教育ママと思っていたのよ。
これって、歴史は勝者が作ったイメージかも。もし、悪女のイメージのままなら、慕う人もいないもの。

「生きてみよ」が彼女のそのもの生き方だと思う。戦乱の世に生き、親族を思い、浅野家の復興を願った彼女。そして、自ら始末をつけた彼女はあっぱれと思いました。
秀頼も男らしくでよかった。家康に向かって啖呵を切るなんぞ、粋な男だね~!!
マザコンのイメージはどこにやら、秋山さんに感謝したいです。

2008/01/26(土) 17:15:54 | ラム │ URL | [編集]

コレは本当に楽しみました。
どうもありがとう、らむちゃん。
わたしも「歴史を騒がせた女たち」での「茶々」あるいは時々大河ドラマで見ていた茶々のイメージしかなかったんだけど、この本を読んで本当にイメージが覆ったよ。
これ、読み終えてからもう一度「歴史を騒がせた」読んだんだけど、もう「永井、信用ならん」と思ってしまいました(笑)。
ラストの子々孫々までお参りをしたというところ、シンドラーのリストを思い出した。
「生きてみよ」はよかったねー。本当に感動したよ。思い出しても泣ける。
もっとたくさんの人に読んでもらいたい名作だと思うよ!!
わたしも秋山さんに感謝です。らむちゃんにもモチロン!

2008/01/28(月) 19:58:46 | short │ URL | [編集]

このコメントは管理者の承認待ちです

2011/11/27(日) 08:51:43 | - │ | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL