フリーダム・ライターズ

4062140519フリーダム・ライターズ
エリンとフリーダムライターズ 田中 奈津子
講談社 2007-06-23

by G-Tools


映画「フリーダム・ライターズ」を見てとっても感動したので、この原作本を読みました。
大変よかったです。映画以上の感動。
(映画の感想はこちらです)

映画は、教師のMs.G(エリン・グルーウェル)の視点で物語が進みますが、こちらの原作は150人ほどの生徒たちが書いた日記の抜粋で構成されています。

ここに登場する教師エリンは新人でお嬢さん育ち、心理学者でもなければ哲学者でもない、ただの「国語の教師」なのです。
その国語の教師が、生活も学力もモラルもなにもかも、底辺に位置する「社会の屑」のような生徒たちを変えてゆくのです。
どうやって・・・・。他でもない、「国語」の力で。
読む、書く、読む、書く。この本書から伝わるのは読書の魅力や大切さ。
本を読むことで感じると言う事の大切さ。
書くということの大切さ。
それらから生まれる「パワー」の偉大さ。
そして、それらは本当に子どもたちを思う、愛する気持ちがなければなし得ないのです。そういう意味では、エリンは決して「一介の、ただの教師」と言っては間違ってるとは思う。
彼女の姿に、本当の教師の姿と言うものを思い知らされます。


日記の内容は生々しく、自分の身に置き換えてはとても考えられないような内容がたくさん登場します。「戦争をしているわけでもないのに、命の危険に毎日遭遇する」と言う日々を綴った日記もあれば、家を追い出されて路頭に迷っていたり、家庭内暴力や性的虐待、中絶や病気のこと、それはそれは哀しい出来事もたくさん書かれてて読むのも辛いのだけど(本当の話だと思うと余計に辛い)でも、そんな環境や状況の中でも、自分たちがエリンと一緒に学ぶうちに変わって行く様子が生々しく伝わってくるのです。
エリンのほうから「子どもたちはこんな風に変わった」と言うのではなく、子どもたち自身の言葉で綴られているからこそ、エリンの偉大さがよりリアルに伝わってくるのです。
未知の体験に臨むみんなの素直なよろこび(時には複雑な心境)などが、ストレートに伝わりその生徒たちの純粋な気持ちに、胸打たれてしまい、読んでいる間中涙がじわじわと出てきて仕方がなかったです。
エリンが生徒たちに繰り返し教えたことは「寛容の教育」。
人種間による差別や偏見が生む不幸を「寛容」によってなくしていこうというのです。


エリンは苛酷な環境で生きる子どもたちに、身近に感じられるものをと、本を選んで与えます。「アンネの日記」や現代版のアンネの日記と言われる「ズラータの日記」などを読ませ、時にはアンネをかくまったミープ・ヒースやズラータを招待します。
ミープが生徒たちに向かって「あなたがたこそ、ヒーローです」と言ったり、ズラータ(ボスニア紛争の被害者である少女)が、「わたしは(何人であるかということに関係なく)人間です」と言うのですが、それらの言葉や態度を直に生で、見て感じて。そして感銘を受ける生徒たちに、感動せずにはいられないのです。

本も与えたけど、すごいと思うのは生徒たちを小まめに校外学習に連れ出したこと。
ホンモノをその目で見たり感じたり、本物に出会うと言う事のすごさ!
生徒たちも期待に答え、何かを感じ取って行くのです。

個人を個人として尊重する事、人を大切に思うこと、人から大切に思われること、当たり前だけど人間が成長して行くために本当に大切なことを、知って行く生徒たちの心境に、心から感動しました。


038549422XThe Freedom Writers Diary: How a Teacher and 150 Teens Used Writing to Change Themselves and the World Around Them
Erin Gruwell Freedom Writers
Doubleday 1999-10-12

by G-Tools

4167651335アンネの日記 (文春文庫)
アンネ フランク Anne Frank 深町 真理子
文藝春秋 2003-04

by G-Tools

4576940732ズラータの日記
ズラータ フィリポヴィッチ Zlata Filipovic 相原 真理子
二見書房 1994-04

by G-Tools

4560070512ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)
J.D.サリンジャー 野崎 孝
白水社 1984-05

by G-Tools

B000MQ58AEカラーパープル
ダニー・グローバー ウーピー・ゴールドバーグ アドルフ・シーザー
ワーナー・ホーム・ビデオ 2007-03-09

by G-Tools

B000EZ82V0シンドラーのリスト スペシャルエディション
リーアム・ニーソン ベン・キングズレー レイフ・ファインズ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-06-23

by G-Tools



スポンサーサイト
20:43 : [本・タイトル]は行トラックバック(2)  コメント(2)
私も映画の方を見てすごいなぁ・・・
っておもいました。
そして、どれだけ日本が恵まれている国なのかということを考えさせられました。

2008/05/04(日) 16:23:49 | くみ │ URL | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/13(月) 12:49:23 | - │ | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

2008/01/02(水) 00:09:12 |

フリーダム・ライターズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]/ヒラリー・スワンク,スコット・グレン,イメルダ・スタウントン ¥1,500 Amazon.co.jp アメリカって、スゴイとこなんだな。 教育って、こういうことなんだな。 人種とか民族って、複雑...

2010/06/20(日) 03:19:30 | シネマと書店とライブハウス