夜明けの街で/東野圭吾

4048737880夜明けの街で
東野 圭吾
角川書店 2007-07

by G-Tools


東野さんは傑作が多いので、読者はみんな期待してしまう。
それがこんな不倫小説では読者もなかなか満足できないでしょう。
いきおい評価が低いレビューが多いのもうなづけます。
しかし、わたしは結構満足できた。
と言うのもやっぱり世間の風評から、期待せずに読んだからかな。
なんていうと、ひどい言い方だけど。。
でも、やっぱり文章の吸引力って言うのがハンパじゃなく強いし、不倫にハマってゆく男の気持ちが手に取るように感じ取れて、一気にサクサク読めたし、さすがは東野さん!って思います。
不倫相手に時効間際の殺人の容疑がかかってる、と言う設定の一応ミステリーなんだけど、読者は誰もこの女性(秋葉という名前。余談だけど東野作品に登場するヒロインって変わった名前が多い)が過去に殺人を犯したかどうかなんて、どうでも良いと思いながら読んだと思う。
結局、主人公とこの秋葉の関係はどうなるのか?
それに尽きる!
ひとことでこの話を説明するなら、この小説は「男に都合よい、男がのぞむ究極の不倫の形」を小説にしたものだと思う。
若くて綺麗で、そのうえミステリアスな女と不倫するも、最後は…ってやつです。読者の不評もやっぱりこの、あまりにも主人公にだけ都合の良い物語運びがカンに触るのじゃないでしょうか。
「不倫するやつなんて馬鹿だと思ってた…でも、どうしようもない時もある」って言う冒頭のフレーズからして、この主人公の男が「わ、成りきっとる、こいつ、浸っとる!!」と、面白い。
まぁまったくの「他人事」と思えば、結構面白い一冊ではないかと思います。もうちょっと最後になんか、主人公に鉄槌でも下ればね、もっと良かったんでしょうけど。(番外編みたいな)


スポンサーサイト
13:37 : [本・タイトル]や行トラックバック(0)  コメント(4)
この本を読んだ友人が同じようなことを言っていました。
内容としてはどうなんだ?って感じでいまひとつ
納得できない部分もあるんだけれどとにかく
文章力のなせる業かグイグイ引っ張られて
読んじゃうんだよ。。。と。
私も次に貸してね~~とは言ってるんですが
なんせ、積読本がやたらと・・・
shortさんお勧めの空飛ぶタイヤはbookoffで
この前買ってきたのにまだ読んでないし( ̄ー ̄;
やっぱりほこりで人は死なないので掃除は
後回しになりそうですね( ̄w ̄) ぷっ

2007/12/09(日) 17:02:12 | メグ │ URL | [編集]

メグさん、コメントありがとー。
これは読んでも損はないですよ。
友だちのおっしゃったとおりです。
まぁ読み始めたら一気に読んじゃうでしょう!
もしも、つまらん!と思ったら
途中でやめちゃってもかまいません。
最後まで無理して読むような内容でもないですから。
「空飛ぶタイヤ」はオススメ!
今年はあれ以上に面白く感じるフィクション本に
出会いませんでした~(~_~;)

ま、掃除はボチボチと、ね♪

2007/12/10(月) 18:26:12 | short │ URL | [編集]

楽しめたみたいでよかった!
私的、東野氏の作品は当たりハズレが多いから、今回はどうかなと楽しみであったりする~にょ。
私も最初の「「不倫するやつなんて馬鹿だと思ってた…でも、どうしようもない時もある」で、グイ~と入り込み、グイグイ~とひっぱられたけど、途中から失速。引き込ませる東野氏の文章はさすがだよね。
東野さんお得意のミステリーを絡めようともしたと思うけど、私には余分だったかな。なので、消化不良でした。

2007/12/12(水) 21:54:13 | ラム │ URL | [編集]

らむちゃん どうもありがとう!
もうねー、すぐに手にとって読み始めたら
止まらなかったよー!
らむちゃんは失速した?
わたしは失速しなかったなぁ。
しかし、世の男には理想の不倫の顛末だよね。
うんわたしも、ミステリーは余分だった。
東野さんは本当に読ませる作家だし、いっそここらでミステリーの全くない「転落系小説」なんぞ、書いてもらってもいいじゃない?
次作も期待はしていますよ!(笑)

2007/12/13(木) 11:53:56 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL