ホリデイ

B000R17JLAホリデイ
キャメロン・ディアス ナンシー・メイヤーズ ケイト・ウィンスレット
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2007-08-09

by G-Tools



ジャケット写真見たまんまの映画です。
キャメロン・ディアスがやり手のキャリアウーマンのアマンダで、LAという大都会で予告映画の監督としてスタイリッシュに暮らしていて、ケイト・ウィンスレット演じるアイリスがロンドンの新聞記者。
その二人がなぜか、唐突に同じ頃失恋をし、唐突に同じように「家を交換して休暇をすごす」ことを思いつくのです。まるで映画のような話でしょう?(笑)
家を交換する、なんていいアイデアなんでしょう!!とか、思えませんので、この映画はその設定自体に疑問を持ってしまうと、楽しめません。なので、このアイデアに迎合するのもありかな?ぐらいの軽い気持ちで見るがよろしいかと。
(このホームエクスチェンジというシステムは実際に存在するそうなんだけど、どうも不思議だ)

しかし、それ以外は結構楽しめました。
ジャケット写真の通り、この二組のカップルが出来るんだけど、それまでの「いろいろ」が予想外に面白かったです。

一番よかったのはもちろん、ジュード・ロウです。フェロモン抑え気味で、でもやっぱりいい男で、そんな彼がちょっと恥ずかしそうにしていたり、モジモジしていたりすると、、、もーかわいくてかわいくて。落ちない女はいないでしょう。たしかに「子持ち、って言うのは問題の一部かもしれないけど、あの子達がまた可愛くって。家に訪れた時の喜びようとか。男手ひとつで育ててて、あんな風に小奇麗に育ってるはずがないと思うけど、それも深く考えない事にする。←我が家に照らし合わせて僻みが入ってるかもしれませんが。」すんなり行くかどうかはともかく、幸せな関係をみんなで築いてほしいなと思わずにはいられなかった。しかし、「奥さん死んで2年で週末ごとに」あんな生活って、ちょっと早すぎるような気がするのは気のせい?それとも、ああいう週末遊びは始めたばかりだったのかも。

あと、アイリスの出会った老人がよかったじゃないの。ああ言う設定がただのラブコメとはちょっと一線引いてる感じがしてよかったかも。
ジャック・ブラックが演じているのもやっぱり映画音楽制作者で、アイリスと二人でレンタルビデオ店に行って、映画音楽の解説をするのも面白かった。「ドライビング・ミス・デイジーはハンス・ジマー。いい曲」とかなんとか誉めるんです。実はこの「ホリデイ」もハンス・ジマーなのでにやっと笑えるわけです。「卒業」のDVDをとりだせば、そこにはあの人がさりげなく立ってたり。

そんなこんなで予想通りにはなるにしても、その間がなかなか面白い展開でラブストーリーだけに留まらず楽しめた作品。
やっぱり繰り返すけど、ジュード・ロウがよかった。いい男が出てるだけでも見る価値アリですわ♪(決してそれだけじゃないけど)

★★★★


もうひとつ、印象に残ってるのは、キャメロン・ディアスのブラジャー姿。あの人はなにか?ナニのときに、ブラをしたまま、ってことですか?ハダカになるのが嫌だったのだろうケド、なんかもっと他になかったのかな?実はコレが一番印象に残ってたりする。。(笑)

ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレットの兄妹に関する考察。ケイトはジュードという稀なる美形を兄に持ち、自身も美形なので、却って美形神話を信じておらず、だからこそジャック・ブラックのようなどっちかと言うと「中身勝負」「ユーモア勝負」みたいな男に引かれたのかもしれませんね。


スポンサーサイト
11:37 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(6)
ねーさんはジュードでしたか。
家庭的で涙もろいジュードが新鮮でした。
それでも男前を感じるところがいい~。
私はどっちかというと、ジャック・ブラック。ユーモアあふれる演技が一番印象に残ったもので。ホント、卒業のあの方がいるとは、笑ってしまいました。

確かに予想はついてしまうとしても、次はどうなる?と観れる、見ごたえがありました。

2007/12/02(日) 15:11:12 | ラム │ URL | [編集]

うんうん、ジュードが良かったよ!
そそ、その涙もろいところも、胸きゅんでしたぞよ!!
ジャックブラックも良かったけど。
やっぱり現実的になってみれば、一緒にいて楽しいジャックの方がいいかもね。
最近見たラブコメの中では一番よかったよー。

2007/12/02(日) 18:52:31 | short │ URL | [編集]

>ナニのときに、ブラをしたまま
というフレーズに爆笑しました。
このフレーズを見て、ドキドキせずに、爆笑するって、やはり、年齢のなせるわざか(笑)。

2007/12/03(月) 16:11:41 | くまま │ URL | [編集]

夢見る乙女には相応しくない感想だったかしら!(笑)
すごく違和感があったんですよ。
もっと他の「方法」はなかったのかなって思うのですよ。
一度ご覧になって下さい。
映画は面白いですから!

2007/12/04(火) 19:58:18 | short │ URL | [編集]

ひじょ~~~~~にハッピーになった映画でした。でもケイトとキャメロンでは、やはりキャメロンの方が格が上なんですかね?相手役があまりにも違いすぎて、ちょっとムッとしなかったのかな?なんて。
美形の兄を持つ妹よりも恋人役が美形の方がいいかな~、なんて。

ケイトの家が、可愛いんだけど、物がゴチャゴチャしていて、私には住みにくそうでした。でもこの映画、すごくハッピーな気分になれたので、よかったです。

2007/12/06(木) 22:04:11 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

よかったですよ、この映画は最近のラブコメの中ではかなり面白い方でした!
わたしはキャメロンよりもケイトの方が好きだけど、スタイルはキャメロンが素晴らしいですね!足長っ!!!どこまで足があるの!!っていつもSOFTBANKのCM見て思います。
いやージャックブラックも良かったじゃないですか?(笑)
でもこの映画のジュードはハンサムな上に家庭的、やさしい、そして家事分担もしてくれそうで、女にとっては理想的。
ジャックブラックは、やっぱり「友だち」の域を超えないかも知れませんね!(笑)

他人に家を貸すなんてとんでもないです。
理解できません。
もしもそういうことするなら、2ヶ月ぐらい準備期間が要りますよ。
準備期間=掃除期間ですけど!(笑)

そういうのさっぴいいても、面白かったです♪

2007/12/07(金) 13:11:10 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL