ボーン・アルティメイタム

bourne


すっごく楽しみにしていたこの映画、やっと見に行きました。
楽しみにしていたんだけども、見る前にすごく眠くなってきて(笑)途中で意識を失ったらどうしよう~と思いながら見始めたのですが、あの「ボーンのテーマ」とも言うべきサウンドが聞こえてくると、勝手に目がらんらんと見開いてきて、アドレナリンが出てくる感じで、眠気も吹っ飛び、そのまま最後まで!!
はい、面白かった!!
パンフレット買いました。
ジェイソン・ボーン、カッコよかったー。
最初は苦手な「手振れ画像」に嫌気がさしたし、しかも「アイアムサム」のときみたいに、急に寄ったり引いたりが多用されてて、こりゃわたしには無理だ!と、思ったんですよ。
でも、そう思ったのは最初だけだった。

アクションもメチャクチャ、ハデで敵との闘いも強くて強くてカッコいい!前作よりも格段にスケールと迫力が増していて、是非とも映画館で見てほしい!!
しかし、それよりも。
なんつうてもわたしはあのボーンのスマートさって言うか、機転の利く頭のよさが好き。ただ逃げるんじゃなく、逃げるときに自分が逃げやすいようになんらかの作業をさっとやってのける。それが、その場その場でひらめくみたいで「なんて頭良いの~!」とひとつひとつの「技」に惚れ惚れ。ハリソン・フォードの「逃亡者」なんかもそうだけど、強い人もいいけどああ言う「賢い人」に弱いなぁ。
ボーンの面白みは、強さと賢さを兼ね備えた所にもありますね。
まぁあんなふうにわたしも守ってもらいたいです。間一髪で助けに来る!分かっていてもトキメキましたよ!
それでいて、自分が誰と知れないことへの不安を必死になんとかしようとするあたりは、母性本能をくすぐられるような頼りなさもあるので、マット・デイモンの顔はともかく(ファンのひと、ゴメンなさい)魅力を感じる人ですねぇ。

で、ボーンと同じように「頭いい~~!!」と惚れるのがCIAのパメラ。前作に続いての登場。彼女はクリスチャン・スレーターの「ザ・コンテンダー」で主役をやっていて、あの時のイメージが強いんですが、どちらにしろ好感度の高い女優さんでして。「ザ・コンテンダー」では次期大統領選に出馬する女性議員を演じています。政治モノで地味だけど面白かったので、興味のある人は是非どうぞ。どっちにしろ、頭がよく中身もよく「デキる女」で女性はああ言う人に憧れるんじゃないのかな?

「ボーン」シリーズでは、ボーンとこのパメラの遠いながらも気持ちの通い合う関係、って言うのがいいよね。

ともかく、とっても満足の一本!
アクション映画の中ではかなり、お気に入り度の高い作品になりそう。もう一回見たいぐらい!

★★★★★

アクション シリアス サスペンス


スポンサーサイト
17:41 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(2)
見に行かれたんですね~!
アルティメイタムが一番面白いのではないかという巷の噂ですが、やっぱりそうですか?
見たいなぁ~。
ボーンもだけど、こちらは来週末にやっと「パンズ・ラビリンス」が来るのです。
それだけは見たい!と思ってるのですが、
どうやって時間を作るかが目下の課題です(笑)。

2007/11/17(土) 20:49:07 | foo │ URL | [編集]

fooちゃん、こんばんは!
見てきたよ~!面白かった!
でも一番というとどうでしょう。
わたしは1と2はレンタルで見たので、ちょっと比べられないんだけど、1が一番インパクトがあったかもしれませんね。
自分が思ってもないのに体が状況に合わせて勝手に反応してしまうっていうあの最初のところなんて、すごくぞくぞくするカッコよさがあって、一気に好きになってしまったものね!
「3」はね、でも、迫力は凄かった!!
まぁどれが一番でどれが3番という順番をつけるにしろ、遜色ないと思われまする(^^)
パンズ・ラビリンスも、概ね他の人たちにも評判がいいし、見られたらいいね!
上映があるなんてうらやましい!!
やはり都会だなぁ、そちらは。
時間上手く作ってね♪

2007/11/19(月) 00:02:00 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL