FC2ブログ

めぐりあう時間たち

B00008K5NNめぐりあう時間たち DTSスペシャルエディション (初回限定2枚組)
ニコール・キッドマン ジュリアン・ムーア メリル・ストリープ
アスミック 2003-11-28

by G-Tools


時を隔て、ヴァージニア・ウルフの『ダロウェイ夫人』に関係する3人の女性たちそれぞれの人生を凝縮した運命的1日を綴った文芸ドラマ。
全然別の時間と空間にいるのに、なんかしらのつながりがあり、「ダロウェイ夫人」を通じてつながっている3人の物語。
上手く出来ているなぁと感心するにはしましたが…。原作を読むべき?風景や場面の美しさや女優たちの演技には魅入ってしまったけど、内容が高尚過ぎた気がする。
ともかく、登場する人たちのすべてが「うつ」を抱えているんです。冒頭、「ダロウェイ夫人」の原作者のバージニアが本当のウツだし、ジュリアン・ムーアもウツだし、メリル・ストリープもウツっぽいが恋人のエド・ハリスはもっと強いウツ症状だし。
これは、見るときを間違うとウツがうつりそうです。駄洒落ではなく。
と言う事はそれだけ、映画の放つパワーが強いと言う事なのかもしれないけど、見終えて心が軽くなることもなければ、何がどうしてみんながこうなってゆくのかがよくわからないし、イマイチぴんと来ない映画でした。
しかし、メリル・ストリープ、ニコール・キッドマン、ジュリアン・ムーアの3人がとってもよく似ていてビックリ。
いい映画なんだろうとは分かるけど、自分にはちょっと分かりにくかったね。

★★☆
スポンサーサイト



20:23 : [映画タイトル]ま行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL