オール・アバウト・マイ・マザー

B00006F1V6オール・アバウト・マイ・マザー
セシリア・ロス ペドロ・アルモドバル マリサ・パレデス
アミューズ・ビデオ 2006-06-23

by G-Tools


「ボルベール 帰郷」が話題になっているのでとりあえずこちらを先に見ました。「トーク・トゥ・ハー」はわたしにはイマイチだったのだけど、「オール・アバウト・マイ・マザー」は面白かった。「母」の強さをじっくりと味わいました。強さだけではなく悲しさも。

あらすじ++++

17年前に別れた夫に関して息子から問われた母マヌエラ。長い間隠していた夫の秘密を話そうと覚悟を決めた矢先、彼女は息子を事故で失ってしまう。息子が残した父への想いを伝えるため、マヌエラはかつて青春を過ごしたバルセロナへと旅立つ。

感想+++++

バルセロナは昔、主人公がいた町なんです。なので、古い友達もいる。その友だちはゲイでオカマちゃん。彼女がシリアスな作品にほっとできる息抜きみたいな感じで存在感があった。
男だけど、女のその友だち、修道女見習いのシスター・ロサ、マヌエラの息子が死ぬ原因の一端を持っている女優のウマ・ロッホなどと野関わりを通して、人生を再生してゆくマヌエラ。
息子を亡くして絶望しているんだけど、やっぱり人生を再建してゆく彼女の強さや、息子を亡くしているからこそ、人に対して優しくできる彼女がすごく良かった。
最後、息子の「父親」との再会には涙、なみだ。
暗いまま、物語が終わるのかと思ったら明るいラストが用意されていて、とっても気持ちよく映画を見終えることが出来ました。

★★★☆
スポンサーサイト
20:18 : [映画タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL