FC2ブログ

理由なき反抗

B000H1QRRC理由なき反抗 スペシャル・エディション
ジェームス・ディーン ナタリー・ウッド ジム・バッカス
ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-09-08

by G-Tools



古い映画を見直そう企画:第4弾くらい?

むかし、NHK名作劇場の放映を録画していたテープがあったので。

分かってくれない大人たちへの不信感を内面に溜め込んで、大人になりきれなくて自分をもてあまし、エネルギーのやり場に困りながら迷走する高校生たちの一夜の物語。

ジムは何不自由ない暮らしをする普通の高校生なのだけど、父親が家庭内で権威がなかったり母親が威張っていたりするので気に入らず、非行に走ってるのです。そのあたりで「甘えとる!!」と思うけど(虐待されているのでもないし、一見かなり愛されて育っている)親の愛情の表現の仕方が間違ってるのが問題と言うか。ジムが問題を起こすたびに引っ越しすることで解決を図ろうとしている。今回もそうやって越してきたばかりの日のこと。
隣のジュディ(ナタリー・ウッド←ウェスト細い~~!!!しかし16歳には全然見えない~~~!!!)のほうがどっちかと言うと親の愛情に飢えてる感が大きい。と言ってもこっちもちょっと甘えん坊過ぎると思う。友達になったプラトンのほうがかわいそう。親とは一緒に住んでおらず、お金だけは十分あるんだけど、孤独感が大きい。

でも、若者たちが迷走してしまったこの夜の物語は、それだけで充分説得力も訴えるものもあり感動的。チキンレースによって相手を死なせてしまうジムは警察に行こうとするのだけど、なんと親が止めたりして。保身に走った親を見てジムはがっかりしたし軽蔑もしただろう。それでも自ら警察に出向こうとしたジムがカッコよいというか、説得力があるのです。若者よ、悪い事をしたら隠そうとせずに警察に行き罪を認めよう!と言うメッセージ??
あと、ジムがプラトンに寄せる包容力が大きく魅力的があった。ジムは自分が拗ねているだけの若者だったんだけど、孤独な可愛そうなプラトンを守ろうとする事で大きく成長した感じ。でも悲劇だったけど。

昔見た時のことを思い出してみれば、「エデンの東」よりも「理由なき反抗」のほうが印象に残ってて、チキンレースとか最後の銃撃戦(??)とか覚えてたなぁ。

「エデン」にしろ「反抗」にしろ、ジェームズ・ディーンって本当に母性本能をくすぐる、暗く拗ねた瞳が。わたしにとってそれは多分レオナルド・ディカプリオにも感じるもの。
若くてハンサムな寂しがり屋には、「オレ様」と同じくらい弱いわたしでございます。(笑)

★★★☆


4860909887ジェームズ ディーン [TX-1624] [ポスター]
トライエックス 2003-04-01

by G-Tools

B000Q6BRPU映画ポスター『ジェームスディーン《頬杖》』
シネマコレクション

by G-Tools

B000Q65SO6映画ポスター『ジェームスディーン《横》』
シネマコレクション

by G-Tools

4860909895ジェームズ ディーン [TX-1625] [ポスター]
トライエックス 2003-04-01

by G-Tools

4860905628ジェームズ ディーン [FP-1086] [ポスター]
トライエックス 2003-04-01

by G-Tools

スポンサーサイト



14:50 : [映画タイトル]ら行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL