007 カジノ・ロワイヤル

B000GQMJBQ007 カジノ・ロワイヤル デラックス・コレクターズ・エディション (初回生産限定版)(2枚組)
ダニエル・クレイグ; エヴァ・グリーン; マッツ・ミケルセン; カテリーナ・ムリーノ; ジュディ・デンチ; ジェフリー・ライト; ジャンカルロ・ジャンニーニ マーティン・キャンベル
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2007-05-23

by G-Tools


かなり評判のよい新、007。
最初は体を張ったアクションに魅入ってしまいました(逃げるほうも凄かった、というかボンドよりも逃げる黒人のほうが凄かったね)。
スーツもばっちり着こなしてカッコイイと思ったけど、ストーリーがよく分かりませんでした。国家のお金を取り返すのに、なんで賭け事で勝たないとダメなのか・・・もっと他のやり方で取り返すということは出来なかったんだっけ?その点、見ててよく分からんかったなぁ。中だるみもあったと思う、途中で意識喪失、その間に大事なエピソードが入ってきてそれを見てなかったから分からなかったのだろうか。長いよ。まだ終わらないの?と思ってしまったもん。
ただ最後はちょっとウルルンっとしたけどもね。

ところで、わたしが物心ついたときは、ボンドと言えばロジャー・ムーアだったのですよ。ショーン・コネリーはアンタッチャブル以降は大好きだけど、それまでのあの人はなんか油ギッシュな感じで(ボンド⇒女たらしのイメージが大きい)な~んかスキじゃなかったのですよ。
ロジャー・ムーアのときのボンドって、派手な装備をしたド派手な車だのコンコルドだのでアクション全開で、見た後は残るものは何もないけども、見ているときは退屈する暇もないというイメージ。
スキだったかそうじゃなかったかと言われると「嫌いじゃないけど大して好きなシリーズでもない」と答えますが(~_~;)

今回のボンドも評判ほどにはわたしは面白くなかった。ズバリそういうことでしょう。

★★☆
スポンサーサイト
16:49 : [映画タイトル]英数トラックバック(0)  コメント(2)
今までのイメージから切り離したボンドは悪くはなかったし、セクシーさを感じました。

ボンドと言えばロジャー・ムーア
同じですね。
はじめて観た007がロジャー・ムーア主演の「私が愛したスパイ」だったので、ロジャー・ムーアの印象が強いです。
あと、ボンドといえば、小道具を使って、女にもてて、スマートで..
今回はそのイメージを破っただもんね。
若き日のボンドって、無鉄砲だったの?
まるで24のジャックじゃ~とつっこんで観てしまった(笑)

2007/09/11(火) 22:29:50 | ラム │ URL | [編集]

らむりん♪
うんうん、せくしーだったぁ!
でも、ストーリーがちょっとダメだったな。
ヴェルサーだっけ、彼女はきれいでしたが。
ジャックバウアー、確かにあんな感じだった!
わたしは劇場に行ったのはね、ムーンレイカーだったな。
結構長かったんだよね、ロジャーボンド。

2007/09/12(水) 20:48:30 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL