FC2ブログ

累犯障害者/山本 譲司

4103029315累犯障害者
山本 譲司
新潮社 2006-09-14

by G-Tools


秘書給与詐取と言う罪により実刑判決を受けた著者が、1年2ヶ月の服役中に見た「障害ある受刑者」の実態と、罪に問われた障害者への司法のあり方への疑問を問題提起する。出所後も福祉に関わりながら地道に障害者たちとコンタクトを取り、世の中に「タブー」を突きつける問題作です。

考えた事もありませんでした。重度の知的障害者の人が刑法39条にも触れずに、裁判で裁かれ刑に服していたなんて。
そのほかにも驚くべき事実がここに書かれていて、唖然とするばかりです。
浅草で女子短大生がレッサーパンダの帽子をかぶった男に視察されたとされる事件、これは非常にデリケートで難しい問題です。実際に女子大生は命を奪われたわけですから、知能障害者であれなんであれ、罪は罪。しかし、彼が障害者だったために、障害者=犯罪者と言う偏見やモンダイが人権問題に発展する恐れからこの事件の報道はうやむやになってしまったらしいけど、著者は「同様の悲劇を未然に防ぐためには事件の背景にあるものを社会全体が直視すべき」と言う思いがあるのですが、全くその通りだと思いました。

また別の章では、障害者であるがゆえに無実の罪を押し付けられそうになった一件も紹介。また、ヤクザたちに障害者年金が目当てで不当に養子縁組をさせられ、年金を巻き上げられている障害者が多いとの事。
福祉も見て見ぬフリのことがあるというので驚きです。

そして同じ女性として衝撃だったのが、知的障害者の売春をする女性が多いということ。そういう人を狙って、組織に引き込んだりする輩がいるそうで、まったく怒りに目がくらむというか、恐ろしさに身がすくむ気がしました。

第4章と5章はろうあ者の犯罪について。
ここではまず、普通に音の聞こえる健常者の「手話」が、ろうあのひとたちには全然(というか殆ど)わからないものだと言う事に愕然。
考えてみれば、わたしたちが使っている言語は文法などにしても音が聞こえ、目が見え文章が読める人のものです。ろうあのひとたちには独自のコミュニケーションがあって当然です。彼らを健常者の視点で見て、その枠に押し込めようとする手話や口話を「押し付けている」様なものだとのこと。
マンガですが山本おさむさんの「遥かなる甲子園」はろうあ者たちが甲子園を目指す物語ですが、そこにもそのような事が書かれていたなぁと思い出したのですが、犯罪の話とは別に、それがとってもショックでした。

ともかく、ここには書ききれないほどの、自分が知らなかった真実やもろもろが書かれていて非常に驚き衝撃を受け、深く考えさせられた一冊でした。いつも以上に乱れた文章だったと思うけど、良かったら皆さんにも読んでいただきたい一冊です。
スポンサーサイト



14:02 : [本・タイトル]ら行トラックバック(0)  コメント(1)
今日この本を読みました。体中に衝撃が走りました。わたしは精神障害者2級です。精神病院に入院していたこともあり、コンプレックスに悩んでいました。もっとしっかりせねばと思った一日でした。

2008/05/25(日) 17:35:49 | 稲富博美 │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL