FC2ブログ

不都合な真実

B000MQCT24不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション
デイビス・グッゲンハイム ドキュメンタリー映画 アル・ゴア
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2007-07-06

by G-Tools


アメリカの元副大統領、アル・ゴア氏の「地球温暖化警告メッセージ」です。ドキュメンタリーと言うか、ゴア氏の「講義」「授業」「プレゼンテーション」を見るという感じ。わたしは本のほうも読んだのですが、本人の説明付きの巨大スクリーンの映像は迫力が大きかった。(自分の家でフツーのテレビで見たんだけど)
地球環境を考える時、大きな問題は温暖化だけじゃなく、酸性雨とか生態系の破壊とか…数え切れないほど他にもたくさんあるんだろうし、見たところで、環境問題を考えた所でもうどうにもならない所まで来てるんじゃないの?と思ってしまう。あるいは実際自分たちの生活を根底から変えなければならないとなると…見てみぬフリをしたくなったり。
しかし、みなさん、見ましょう。この作品を。
色んなデータを見せられるまでもなく、台風が大きくなってきたとか、ハリケーンや竜巻の数とか、日本では春先の黄砂がひどくなってきたとか、真夏日が多くなってきたとか、最高気温が年々更新していくとか、温暖化は肌で感じていることです。
それを映像で見るとまた、愕然とさせられます。
南極や北極、グリーンランドの氷がえらいことになっています。大きな氷壁がガサガサと崩れて溶けていく場面を見たら、怖いです。
永久凍土がなくなってしまうとどうなるのか。何万年の間に地球の大気や温度はどう変化してきたのか。びっくりします。
(氷にも「年輪」みたいなものがあり、何万年前もの氷を分析すると当時の大気の状態や温度まで分かるんですって、すごいね)
そして、「温暖化は今からでも止められます」というゴア氏の真摯な訴えが、胸に切々と迫ります。
映画の公開の後、ゴア氏の家ではもの凄い量の電気代をつかってるとかなんとか、スキャンダラスに報じられてたけど、この映像を見る限りそんなことはモンダイになりません。誰がこんな風に、骨身を削って温暖化対策を訴えて回るのでしょうか。自宅の電気代とは関係ないです。
日本は先進国の中では一人が出すCO2の量は少ないほうだったみたい。このままこの路線で頑張ろう、そしてちょっとでも減らしてゆこうねと思いました。

★★★★
スポンサーサイト



10:32 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL