ダイ・ハード4.0

これは文句なく楽しめた!ひょっとして、今年映画館で見た映画の中で一番「面白かった」かも。
今まで何度も危機に陥った人類ですが、そのネタとしては「宇宙人侵略」「隕石落下」「核戦争」「地殻変動」などなど・・・。結構「またか」って言う感が否めないと思うけど、今回はそんなことは思わなかったです。コンピューターに頼りきっている今の社会ならではの恐怖、それがものすごくリアルに描かれていた。いつこう言う事態が起きても不思議じゃないと思って怖かった!
それに加えて映像の迫力。これでもかこれでもかと言う場面の連続で、興奮のうちにあっという間の2時間強でした。(時間も長すぎず短すぎずで良かった)
しかし、助ける相手が妻から娘(ファイナルデッドコースターだよね)になってしまいましたね。なんか、その辺が「妻」としては寂しいかなぁ(笑)。それに「娘を助ける」というストーリー展開は正直「もういいです」と言う感じなのだけど(ひとえに「24」のせいです。)それを差し引いてもよく出来た映画です。

それにしても、「ロッキー」と言い「ダイハード」と言い、長年のブランクを経たシリーズが「今さらやらんでも」と思われたものが頑張ってるじゃないですか~!「スパイダーマン」とか「パイレツオブカリビアン」なんかより評判がもの凄くいい。(わたしは「パイレーツ」好きですよ。でも評判としては結構悪いので)なので「ランボー」も「インディ・ジョーンズ」も今からとても楽しみです♪
頑張れ~~おじさんたち!!(笑)

もっと大きな問題は、その輸送に使われる飛行機にあります。ナイルパーチの輸出が盛んな事に目をつけたのは武器商人たち。彼らにとっては戦争や内乱ほど「おいしい」ことはないのです。そして、生きるために、より良い暮らしをするために兵士になりたい、だからと言って「戦争」を待ち望んでいる人たちがいるということ。それほどまでに「普通の暮らし」からは遠い暮らしをしている人たちがいると言う事。
何も知らずにアフリカ産の白身の魚を食べる日本人であるわたしたち。見終えたあとには深い虚無感が・・・。

いつも思うけど、あそこで目を潰されながらアンモニアとウジの中で生計を立ててる女の人は、ひょっとしたら自分だったかもしれない。他の子供たちと一握りのゴハンを奪い合いながら、夜はシンナーやタバコをすって何もかも忘れて眠ろうとする子どもは、わたしの子どもだったのかも知れない。
その違いはスレスレだったかも知れない。
そう思うと、この日本で安穏に生きられる幸福をもっと真摯に受け止めないといけないなぁと痛感させられます。自分が恥ずかしい。

★★★★★


監督 レン・ワイズマン
出演 ブルース・ウィリス 、ジャスティン・ロング 、ティモシー・オリファント 、クリフ・カーティス 、マギー・Q 、シリル・ラファエリ
スポンサーサイト
14:01 : [映画タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(2)
こんにちは~。
ホント、すごく楽しめた映画です。
あっという間でした。
おじさんたちも、なかなかです(笑)
映画もこれくらいの長さがちょうどいいかも。
3時間を超えるとしんどいですね(^^;

2007/07/12(木) 13:46:21 | ゆこりん │ URL | [編集]

ほんとに楽しみました!
「これでもか!」って言う感じで
やっぱり「ダイハード」な男でしたね。
そんなアホなー!
が、許される男(笑)
時間も適当な長さだったのはGood♪
満足満足です(*^_^*)

2007/07/13(金) 10:23:32 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL