キンキーブーツ

B000KGGFZ8キンキーブーツ
ジョエル・エドガートン ジュリアン・ジャロルド キウェテル・イジョフォー
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2007-02-23

by G-Tools

監督 ジュリアン・ジャロルド
出演 ジョエル・エドガートン 、キウェテル・イジョフォー 、サラ=ジェーン・ポッツ 、ジェミマ・ルーパー 、リンダ・バセット 、ニック・フロスト


これは面白かった~!!こう言うの好き!!
物語は、実話を基にした作品だそうです。
信念と歴史のある職人気質の父親が作り上げてきた靴工場、父親の急死で、急遽社長に就任したのが主人公のチャーリー。ところが、順調に見えた会社は実は倒産寸前だったのです。そこでチャーリーが起死回生のアイデアを放つ・・・。
アイデアというのは、ふと知り合ったドラァグ・クイーンの舞台を見て、履くものに困っているらしい彼女たちの靴を作ろう!というもの。
このドラァグ・クイーンのローラがすっごくいい!なんたって綺麗だし迫力がある。舞台も歌も。しぐさや表情がものすごくいいのです。胸に迫るものがある。彼女の孤独感や差別されている事の辛さ、自身の中にある葛藤などがひしひしと伝わります。ともかく女っぽいのにカッコよくって魅力的!
それに引き換え主人公のチャーリーはかなり頼りない男。だけど、彼がだんだんと頼りになる「社長」に変わって行くのが、見ていて気持ちが良いし、ワクワクする展開です。最初の頼りなさとは打って変わってカッコよくなる。それに頼りない時やイライラさせられる時は、はっぱをかける従業員のローレンがこっちの気持ちを全て代弁してくれてストレスになりません(笑)。
好きなシーンは、→ネタバレなのでドラッグしてどうぞ・・・最初にダサいブーツを見せられてローラがめっちゃ怒るシーン。そしてローラが腕相撲でわざと負けるところ。ドンに恥をかかせたくなかったんだなぁと思った。そこにローラの優しさを見てすごく好きになりました。
最後のショーのシーンは予想の範疇だったけど、それでも感動したし楽しめた。赤いブーツがチャーリーに見える演出が憎い、これって出会いの時のシーンの再現だし。でも、自分がローラを傷つけておきながらあの電話の中身はないと思いましたけど
。・・・ネタバレここまで
感動するけど押し付けがましくなく、先は見えるけど飽きなくて、笑ってジーンとしてとっても気持ちのよい映画でした。好き♪


★★★★★
スポンサーサイト
15:18 : [映画タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(2)
私もローラが好き。
嘘のような話でけど、この話は実話を基づいているから面白い。
ラストのショーは素晴らしい。
私も観た後、爽快な気分になりました。

2007/06/26(火) 22:53:05 | ラム │ URL | [編集]

こう言う話、一番好きなタイプなのよー。
事実は小説よりも奇なり、というか感動的という感じ。
ローラの演技に釣り込まれたわぁ。よかったね♪

2007/06/28(木) 11:26:02 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL