ロッキー2(しつこい?)

B000IU398Wロッキー2
シルベスター・スタローン カール・ウェザース タリア・シャイア
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2006-10-27

by G-Tools


やっと「ロッキー2」借りる事ができました。皆さん「観たい!」と思ったのがほぼ同時だったようで、今回借りに行ったら殆ど全部のロッキーが戻されていました(^^ゞ

さて、今回のロッキー、製作自体は2年後と言う事なのだけど、映画を見てみれば数年後とか数ヵ月後どころではなく、前作「ロッキー」の終了時、その当日その直後からの続きである。
試合シーンがかぶっているぐらいで、まったく1と2のタイムラグ無しと言う設定。
わたしはこれを映画館で見たんだけど、当時高校生。この物語の良さが分かっていたんだろうかと疑問に思う。「ロッキー2」のロッキーは一旦アポロとの試合で善戦したため一躍有名になり、自信をつけてエイドリアンに求婚、そして結婚する。(雪の動物園のシーンは印象的!)ファイトマネーも入り今までの貧乏暮らしを振り切るように贅沢三昧な日々。悪趣味なコートや高級車、はたまた家まで買ってしまう。
だけど、ボクシングも目の怪我が大きかったためと、エイドリアンにも止められたため、出来なくなったロッキーはいまやただの失業者と同じ。たどり着く所は生肉工場の作業員だがそれすらもすぐに止めさせられる。
この前半部分は今見て見ると結構退屈な感じかも。肝心のボクシングをやらずにうだうだ…。家族と言う大きな負担を抱えて、責任を果たそうと奮闘するロッキー、だけど思うように行かず身重のエイドリアンに食い扶持を稼いでもらうと言う自分へのふがいなさに落ち込む、今のわたしの年齢なら共感するところもあるし苦労もわかる。それはそれで気になる展開だし哀愁が漂うロッキーがまた愛しいと思う。でも、当時のわたしにはあんまり分からなかっただろうなーと思うんだけど、わたしの中ではすっごく感動的な映画としてインプットされているのはなぜか。
アポロとの試合をもう一度やる事になり、反対していたエイドリアンは早産で出産の後人事不省に。心痛にあえぐロッキーはボクシングを止めようとすら思うのだが、覚醒したエイドリアンに「お願いがあるの。勝って!」と言われやっと奮起する。この奮起までが長いんだけど、奮起してからはそれまでのフラストレーションを晴らすかのような土塔の展開。スピード、迫力気迫、文句なし!
試合シーンもシリーズ通してコレがいちばん迫力があるんじゃないかな!と思います。
当時買ったパンフレットが残っていたので、見てしまった。
rocky2

「ロッキー」って言うと黒と黄色のイメージがあって、「ザ・ファイナル」でも黒地に黄色の文字だけど、これは「2」からでした。「ロッキー」は黒地に白文字。あとカメの名前はカフとリンク。
★★★☆
スポンサーサイト
10:54 : [映画タイトル]ら行トラックバック(0)  コメント(1)
こんにちは!ヽ( ´ ▽ ` )/ 

★タッキー@闇黒魔人★マイビズ募集厨です!


応援にきました^^


また遊びにきます~♪
応援(ノ´∀`)でした♪

2007/05/10(木) 12:46:16 | ★タッキー@闇黒魔人★マイビズ募集厨 │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL