ロッキー・ザ・ファイナル

rocky


監督 シルヴェスター・スタローン
出演 シルヴェスター・スタローン 、バート・ヤング 、アントニオ・ターヴァー 、ジェラルディン・ヒューズ 、マイロ・ヴィンティミリア 、トニー・バートン


ロッキーという映画にいったい何を期待しますか。
まったく予想を裏切らない展開、先が見えるストーリー、まったく過去と同じことの繰り返しだと、最初からすべてお見通しなのです。
それに加えて今回、冒頭からやたらしんみりしておセンチ。
そんな「泣かせよう」って魂胆ミエミエでいったい誰が泣くと言うのか。


わたしです!(笑)


オープニング、あのロッキーのテーマが聞こえる中、黒をバックに黄色い大きな「ROCKY BALBOA」の文字が流れるように現れる。
もうそれだけで懐かしさで胸がつまり、涙が溢れて止まらない!
冒頭、めざましで起きるロッキー。妻エイドリアンは写真の中。ああ、エイドリアンはやはり死んだのだ、そう思うとやっぱり涙。
カメに餌をやるロッキー。カメ、まだ生きていたか、当時のままだよと思うとまた涙。
そして、妻のお墓の前でしばし椅子に座っているロッキー、おそらく胸の中では妻への言葉があふれているのだろう、その無言の会話を見ているだけで涙、涙!
「エイドリアンの店」というレストランが繁盛していて、ごく普通の生活の中に、妻との思い出や過去の栄光に縋りつくロッキーが哀れで、これまた涙。妻との思い出の場所をさすらう姿に、またしても涙、涙、涙。
そんな調子で、ずっと泣いていたような・・・・。
分かりきってるストーリー?
先が見える展開?
いけませんか??
それでいいのだ。それでこそロッキーなんだから。
それがいやだと言う人はロッキーを見たいと思わない。「ロッキーが見たい」と思う人はこのファイナル、充分満足したと思う。わたしもしました。
なんで、よぼよぼの老いぼれボクサーが現役チャンピョンと闘うにいたるのか、互角の闘いに持ち込めるのか、そんなこたぁどうでも良いです!闘う姿そのものに、わたしたちは感動する。トレーニングの姿にパワーをもらうんです。
ロッキーはあくまでロッキーでいいのです。
ロッキーばんざい!!
青春をありがとう!!号泣!
・・・っていう感じですね!(笑)

はぁ~~~~~泣いた!!満足!!(笑)




スポンサーサイト
19:19 : [映画タイトル]ら行トラックバック(0)  コメント(2)
早い!
観たい!
このGW…ウチの男性陣は絶対行くといっています。
お父さんは忘れずタオル持参だわ。

2007/04/27(金) 19:34:10 | ユミ │ URL | [編集]

ユミさ~~~ん!
泣いたよ~~。目がボンボンに腫れちゃった。
ブラッド・ダイヤモンドよりも泣けた!
ユミさんもだーさまたちと見に行かれては?行くべきだよ~♪
サントラ、itunesで買ったよ!(笑)

2007/04/27(金) 21:59:57 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL