FC2ブログ

ブラッド・ダイヤモンド

reo


監督 エドワード・ズウィック
出演 レオナルド・ディカプリオ 、ジェニファー・コネリー 、ジャイモン・フンスー 、マイケル・シーン 、アーノルド・ヴォスルー 、カギソ・クイパーズ


昨日、このブログで「ナイロビの蜂」の感想を書き「打ちのめされた」わたしですが、今日またこの映画に打ちのめされました。
打ちのめされやすいオンナでごめんなさい。
でも、大画面で見る迫力もあってか、すごくよかった。

ダイヤモンドがこんなにも恐ろしい背景のなかでわたしたちの目の前にあるとは・・・。すべてのダイヤがそうではないでしょうが、やはりダイヤ自体を忌まわしく思ってしまったし、ダイヤのきらめきとは逆に人間の欲望のなんと汚れきっていることか・・・。
豊かな文明を享受するわたしたちの生活はいったい何を基盤に存在するのか・・・やはり「ナイロビの蜂」と同じように考えてしまった。
泣けてくる、胸が痛む、でもわたしがそう感じたところでいったい何がどうなる?「先進国にのうのうと暮らしている事が恥ずかしくなる」なーんて言ってみたって、今の生活を捨てるつもりなんてさらさら無いくせに、それどころか日々の生活を当然のように思い愚痴すら言うくせに。そんなわたしに何を言える?
なんて、ね。
そう思いながら見ていたけど、申し訳ないことにそのうちにレオくんのカッコよさに釣り込まれてしまったわたし、物語に感動しているのか、それともレオのカッコよさにシビレているのか訳がわからなくなっていった、いや多分両方だとは思うけどなんちゅう凡夫、なんちゅう浅はか。でも、ソロモンと行動する事で変わってゆくアーチャー(レオくんの役名)に感動で涙、なみだ!!だったのです。
最後はまたしても打ちのめされ、床に体を突っ伏して泣きたいぐらいでした。でもこれはひょっとしたらレオくんだったから、そしてわたしがレオくんを好きだからかもね。

そもそも、この映画を見たいと思ったのだってレオくんが出てるからだし。他の役者だったらレンタル待ちかな?

とは言え、ラストはやっぱり欲目なしに見ても感動的だと思う!!!

それにしても、レオくんはやっぱりいい~~♪今回多少太めではありましたが(腹が・・・)いいの、いいのよ。
「ディパーテッド」のときも良かったけど、今回のほうがもっと良い!
なんでこの作品がオスカーとらんかったか。政治的配慮か?作品内容としては断然「ディパーテッド」よりも良いぞ。

★★★★★

レオの事ばかり書きかましたが、ソロモン役の俳優さんもジェニファーコネリーも良かったです。特にソロモン。家族のために命がけで行動する姿にはこれまた涙、なみだ。
息子がとんでもないことになりどうなるんだろうと心配したけど。。。

こう言うの「アフリカン・サスペンス」って言う総称があるらしい。また探してみよう。。。でも今は「アーチャー」に浸っていたいですね。
B000MTETFGザ・ラスト・キング・オブ・スコットランド (出演 フォレスト・ウィッテカー)


by G-Tools

スポンサーサイト



18:15 : [映画タイトル]は行トラックバック(1)  コメント(10)
おはようございます♪
私この映画はノーチェックだったんです。あまりこの手の話って好んで見ないのですが、shortさんのコメント読んで、触手が動き出しました。

shortさんの映画記事、これから散歩しま~す。(笑)

2007/04/15(日) 08:10:24 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

じゃじゃままさんこんばんは!
わたしは社会はサスペンスって本も映画も大好き!!
レオのファンでもあるし(レオもすきなんです。はい)これは絶対に劇場に行くぞ!って決めていましたよ。
映画また探ってみてください。
本家にはタイトル別に整理してますので(軽いし)よかったらどうぞね。
こちらです
http://homepage2.nifty.com/shortpage888/index.html

2007/04/15(日) 21:07:07 | short │ URL | [編集]

shortさん、本家の存在初めて知りました!
すっごい素敵ですね!HPですよね?その中のブログにずっとお邪魔してたんですね。
私はそういうの疎いのですが。こちらに慣れてしまいましたが、本家チェックしつつコメント残させてもらいます。

しかもshortさんは三重の方にお住まいなんですか?
いつかお酒を酌み交わして映画の話したかったのですが。(^.^)

2007/04/17(火) 11:23:58 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

じゃじゃままさん♪
本家サイトも見ていただいてありがとうございます。
あっちのほうが、本も映画もちゃんと整理されていて、過去の作品なんかは探しやすいと思いましたので差し出がましいけど紹介させていただきましたよ。
こっちのブログは面倒でカテゴリーの分け方が大雑把なんですよね(笑)
三重県は北勢地区に住んでいます。お酒は・・・下戸なんです~。
寝酒は飲みますが、チューハイやビールレギュラー飲んだらもうグルグルです~。
お茶でお願いします(笑)

2007/04/17(火) 13:29:57 | short │ URL | [編集]

レオくんが好きなねーさんのこと、見逃すはずはないと思ったら、ビンゴ!
れびゅ~を読んで、ねーさんの思いは伝わりましたよ。

レオくん、成長したね。
ワイルドで、大人の雰囲気を漂わせる..
今までの少年の表情はどこにやら。
いい役者になりましたわい(^o^

私もなんで、作品賞にノミネートしなかったかと思ったよ。
作品ノミネートの「硫黄島」よりは出来は上だと思ったし。
そういえば、「ナイロビ」もノミネートされてなかったし、社会問題、政治的なことが絡んだ作品は排除されているかもね。

ただ、社会派サスペンス作品としては私的「ナイロビ」が上に感じました。
ダイヤが買えるほど裕福な生活はしてないけど、私も文化的な生活から抜け出せないし、ラストの言葉はなんかキレイ事のように感じました。

2007/04/18(水) 21:25:55 | ラム │ URL | [編集]

レオはいいよ、うん!!再確認したよ!!(笑)
たしかに、この事実を知ったからどうなると言うもんでもなく、ダイヤを欲しい人は相変わらず求めると思うけど、知らないままでいるよりはずっと意義があると思うのよ。
毛皮にしてもダイヤにしても、「命」を奪ってまで自分を飾り立てたいという、それこそ虚飾の世界に住んでると、気が付くことから一歩ずつ進むしかないと思うので。
でも、進むってどこへ?一旦かなえられてしまった欲望は元には戻らないからねぇ。

きのうは「プラダを着た悪魔」見たんだけども、どうもちょっとこの重い映画2本のあとに見る映画じゃなかったかなと思っています・・・。

2007/04/19(木) 14:21:20 | short │ URL | [編集]

shortさんこんにちは☆
コメントありがとうございました。とっても嬉しかったですm(__)m
うんうん、私も打ちのめされました~。
ナイロビの蜂も良いのですね。未見なのです。今度借りてみようっと~♪
「ブラッド・ダイヤモンド」胸がかきむしられるような映画でしたね。。
あのラストで救われた気がしました。
うふふ、欲目なしで感動という言葉、私も同感です♪

レオくんはほんとうにかっこよかったですよね。精悍でタフで・・次の作品が待ち遠しいです♪TBさせていただきま~す。

2007/04/19(木) 18:13:38 | caho │ URL | [編集]

cahoさんいらっしゃいませ♪
わぁTBまでしていただいたんですね。ありがとうございます。
わたしも後ほど・・・♪
cahoさんはブラピの次にレオがお好きだと、そうだったんですねぇ。
今後よく覚えておきます(笑)わたしもレオは大好き。
4番目くらいかな?(^^ゞ
結構作品に恵まれない時期があり「タイタニック」でのブレイクのあとにちょっと評判が下がってしまった(というか、熱が冷めた)時期があったのですが、ギルバート・グレイプのころから見ている身としては「成長したなぁ・・・」と感無量ですよね♪はい、次の作品も楽しみ!!
「ナイロビの蜂」見てね!cahoさんもきっと気に入ってくださるのじゃないかなぁ。
そしたらまた語らいましょう♪

2007/04/20(金) 16:44:02 | short │ URL | [編集]

最初にコメントしてから数年経ってますけど、見ましたよ~。
サスペンスなんだけど、社会派ですよね。
号泣ではない、嗚咽でしょうか、泣いちゃいました。
今もこうしてる間も内戦で家族を失ったり、苦しんでる人たちがいるんだ、しかもダイヤの値崩れしないように内戦を長引かせてるとか、武器調達とか、犠牲になってるのは関係のない末端?の人たちなのか、と思うと腹が立つというか・・。
でも自分も末端なので、どうすることもできないと思うと、なんと非力なのかと。

ディカプリオ作品=重い作品ってイメージはなかったんですけど、結構長いわりに引き込まれました。

2011/01/24(月) 15:35:51 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

おお、じゃじゃままさん、この作品をご覧になったんですね。
そういえばすごく前にコメントくださってるんですね!
その節はありがとうございました(笑)
自分もそのときの感動忘れてしまってるんですが(笑)これは大画面で見たからこそ感動したんだと思います。
今ビデオで見てもこんなには泣かないでしょうね~
安易に、ジェニファーコネリーと恋愛関係にならなかったのもよかったです。
ダイヤモンド・・・そんなに持ってないけど、見る目が変わってしまいますよね。
レオちゃまは演技派ですから!!(笑)
なんでもござれですよ~~(*^_^*)

2011/01/26(水) 11:27:53 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

銃を乱射し、村々に火をつけ、高らかに笑い合う少年兵たち・・。彼らはRUFに拉致される前はアフリカ・シエラレオネに住むごく普通の少年たち。この映画の登場人物の一人・愚直な漁師ソロモン(ジャイモン・フンスー)

2007/04/19(木) 18:13:50 | こころいろ