FC2ブログ

桐野夏生さんアメリカでブレイク

今朝めざましテレビかなんか、朝の情報番組で聞いたんだけど、桐野夏生さんの作品がアメリカでブレイクしているそうな。
ちょっと前にアメリカのミステリー賞の最高峰といわれているエドガー賞っていうのに「OUT」がノミネートされたらしいです。(もちろんエドガー・アラン・ポーからのタイトル)

実はわたしは桐野さんって結構苦手。ラストが・・・。
でも、「OUT」「グロテスク」「魂萌え!」「顔に降りかかる雨」など探偵ロミシリーズなど、一気に読まされるすごく上手い作家さんだという事は充分承知しています。

とくに「OUT」はすごくひきつけられましたねぇ!
それほど好きじゃない作家さんですが(ごめんなさい)でも、日本人作家が海外で売れてるとなると応援したくなります。
ちょっと誇らしくなりますね・・・♪


4062734478OUT 上 講談社文庫 き 32-3
桐野 夏生
講談社 2002-06

by G-Tools

OUT 下 講談社文庫 き 32-4
OUT 下  講談社文庫 き 32-4桐野 夏生

講談社 2002-06
売り上げランキング : 6083

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
柔らかな頬〈下〉 柔らかな頬〈上〉 顔に降りかかる雨 グロテスク〈下〉 グロテスク〈上〉

スポンサーサイト



10:54 : [そのほか]もろもろトラックバック(0)  コメント(4)
へ~~、ブレイクしてるんですか。アメリカってこういうの好きかもしれないですよね。ってよく知りませんけど。
中途半端な感じが私は不満なんですが、そこが書き手の技なんでしょうかね。私は「OUT」はドラマだけなんですけど、「柔らかな頬」とそういう作家さん(ミステリ)だと思っていたので「魂萌え!」は、ちょっとあれ?って感じでした。

そういえばshortさん、「シリアル・ママ」って映画知ってます?ああいうのアメリカ好みだから「OUT」も??

2007/04/12(木) 10:22:50 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

いらっしゃいませ♪じゃじゃままさん^^
なんか、ブレイクしてるんですって!
わたしも中途半端って好きじゃないのですが、そこが好きな人たちが桐野さんのファンでいらっしゃると思います。
わたしたちって単純明快に勧善懲悪がすきなんだと思いません?(笑)
「魂萌え!」珍しいと思います。でもこう言うのだったらもっと読んでもいいかな~。
「シリアル・ママ」見ましたよ!女性が頑張る設定がいいのかな?

2007/04/12(木) 17:52:07 | short │ URL | [編集]

再度お邪魔します!
ご存知でしたか!嬉しい。内容はそんなこと許しちゃいけません!なんですが、ある意味爽快ですよね、ばっさばっさと、残酷なのに笑える。
これ、日本で制作したら、(ブラック)ユーモアにはならないでしょうね。

私も「魂萌え!」の方が好きですね。

2007/04/12(木) 23:33:16 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

じゃじゃままさん、おはようございます!
そうそう、シリアル・ママは邦画だったら多分駄目でしょうね~。正義が好きだから!(笑)
アメリカ映画だからどこか他ごととして考えられるのかも。と言いつつ
そんなに詳しくは記憶に残りませんでしたわ^^;
イメージ的にはキャシー・ベイツのような気がしてなりません。キャスリーン・ターナーなのにね。

桐野さんにはもっと「魂萌え!」系を書いて欲しいですね♪

2007/04/13(金) 11:24:00 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL