ペットセメタリー

B00006LSZ1ペットセメタリー
スティーヴン・キング メアリー・ランバート ディル・ミッドキフ
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2002-12-06

by G-Tools


こないだ、「2」のほうを子どもに見せたので(見せるな~!)今度は「1」も見せてみました。(見せるなってば!)
医者の一家が引っ越してきたその町のはずれにある「ペットセメタリー」そのまた奥にある不思議な墓地に死んだペットを埋めると、生き返るという伝説がある。
実際、医者の家の隣の老人はイヌを埋めた経験を持ち、生き返ったイヌが邪悪になるのを目の当たりにしたのだった。
そんなとき、幼い我が子を不慮の事故で亡くした医者は、その墓地に子どもを埋めようとするが・・・。



ご存知キング原作を映像化した作品。

何が好きって、この作品中ずっと登場するユーレイのバスコウ、彼がいい味で大好き!
で、事故で死んでしまうのが気の毒に、まだおしめも取れない2歳ぐらい?の子どもなのです。
この子がペットセメタリーのパワーによって生き返ってくるのだけど、邪悪なモノに変わってくるので、とっても怖いんです。
怖いんだけど、可愛いのです。
「2歳の子どもが演技している」って言う感じがほほえましくって。
監督なんかが「ぼうや、怖い顔できるかい?怖い顔をするんだよ」とかなんとか言って子どもがその通りにしているんだろうなぁと思うと、怖いと言うよりもほほえましくなってしまって、つい微笑んでしまうのです。なんか違う気がするけど。



ま、しかし、最後はその邪悪になった息子に医者は最後のトドメをさすんだけど、その場面は何度見ても泣けますな。


ストーリーは面白いので好きな映画です。
あの男の子は今頃どうなってるんだろうね?
スポンサーサイト
23:55 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL