FC2ブログ

悪童日記/アゴタ クリストフ

4151200029悪童日記
アゴタ クリストフ Agota Kristof 堀 茂樹
早川書房 2001-05

by G-Tools


「大きな町」から戦禍を逃れて、「小さな町」のおばあちゃんの家に疎開した双子の兄弟の物語である。
・・・と、聞くとおばあちゃんの元で孫が愛情いっぱいに受けて、戦争の影におびえながらも、幸せな毎日を過ごし、そして戦争が終わって母親が引き取りに来ておばあちゃんと涙の別れを・・・みたいな、ほのぼの系の物語を想像するかもしれない(しないかも知れませんが)。
それが、全然違うのだ。
どこが違うかと言うと、頭から・・・。
まず、おばあちゃんは巷では夫を毒殺した「魔女」と呼ばれており、ものすごく貧しい暮らしぶりで、不衛生きわまりなく、その上に性格もひねくれている。
子どもたちにきちんと愛情を持って接するとか、教育を与えるとかいうタイプの、こちらの求めるようなおばあちゃんの姿からは著しく逸脱しているのだ。
そんなおばあちゃんの家で、双子たちはたくましくしたたかに成長してゆく。学校に行かずとも、自分たちで勉強したり、自分たちをお互いに鍛えあったりして必要な事をちゃんと身につけて行く。
不思議な事に、この生活の中からおばあちゃんとも信頼関係を築いてゆき、愛情さえ見えてくるのだ。
それらが日記のように、双子の視点で描かれて行く。
日常の些細な出来事を、淡々と語るように書かれているだけなのだけど、なぜか引き込まれて一気に読まされる。
読み終えてみれば、謎が多い。
母親とおばあちゃんの関係がどうしてこんなにこじれているのか。
兄弟の名前も知らされないままだし。
そして、そして、このラストは・・・。
どうしたって続きが読みたくなるではないか。
どうしてこの結末をこの双子が選んだのか。
続編を読めば分かるのだろうか。
スポンサーサイト



22:36 : [本・タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(5)
「佐賀のがばいばあちゃん」や韓国の映画(タイトル忘れた)と全く違うタイプのおばあちゃん、なのですねえ。それでも、孫との友好関係が成り立つんですね。興味惹かれます。

2007/02/06(火) 00:26:42 | くまま │ URL | [編集]

shortさん、こんにちは♪
どういうラストになるのだろうと思いつつ、私も一気に読んだのですが、絶対続きを読みたくなりますよね。
>続編を読めば分かるのだろうか。
私は、頭がぐるぐるてきました。(ぼそっ笑)

おばあちゃんとふたごたちの間に流れる厳しさと温かさにひかれました。

2007/02/06(火) 11:00:18 | ワルツ │ URL | [編集]

>くまま♪
うんうん、そのとおりがばいのですよ~。(「おばあちゃんの家」ね)
どうもわたしは体験的におばあちゃんコだったので(母方の祖母ですが)おばあちゃんものに弱いのではないかと思うようになりました。
で、最初はこの「悪童日記」のおばあちゃんには度肝を抜かれましたが、読むうちになんか好きに・・・。
子ども向けの児童書かと一瞬思ったぐらいの文体なのですぐに読めます。
よかったらどうぞどうぞ♪
あ、これを探しているときに「教皇・・・」なんだっけ、くままが読まれたやつ、あったので、場所だけチェックしておきました。また読んでみたいと思っております♪

>ワルツさん♪
こちらにもお運びいただきありがとうございます!
エピソードが細切れなので、最初は戸惑いましたが(連作短編集みたいな感じ?)読み終えてみれば全体的につながっていましたね。
続編は、やはりこの双子の話なのでしょ?
その後が描かれているのでしょうか・・・。
すごく気になる終わり方・・・というか、衝撃的な終わり方でしたね。
今度図書館で借りてきますね~♪

2007/02/06(火) 16:20:28 | short │ URL | [編集]

はじめまして。
ネットをうろうろしていたら、『悪童日記』が目に入って。
この3部作はスゴイ衝撃作でした。
5,6年前ですが、当時、呆然として感想いえなかったのを思い出します。
何を言ってもネタバレしそうなので、とりとめなくてすみません。

2007/02/10(土) 18:50:36 | ぽてとさらだ │ URL | [編集]

ぽてとさらださん♪
よく見つけてくださいました。嬉しいです♪
コメントもありがとうございます!!
「悪童日記」面白かったですねぇ。
「ふたりの証拠」も読みました。
これも面白かったです。
上のこめんとでワルツさんが「あたまがぐるぐる」とおっしゃっていますが
この意味が最後にやっとわかりました!!
悪童日記に比べると平凡なのかもしれませんが、衝撃は相変わらず・・・
でしたよ。
まさかの展開に、驚かされてしまいました。
続いて第三部も読むつもりですが、図書館では貸し出し中で予約入れてきました。
楽しみです♪

2007/02/11(日) 13:51:01 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL