ユナイテッド93

B000H1QZWYユナイテッド93
コリー・ジョンソン ポール・グリーングラス タラ・ヒューゴ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-11-30

by G-Tools


9.11テロのとき、一機だけ離れた所に落ちた飛行機があったけど、それはこういうことだったんだと改めて分かった。
映画と言う感じではなく、本当にその場にいるような臨場感。
最後の最後まであきらめないで戦う乗客たちを見ていて、結末は分かってるのに事実と違う結末を強く願ってしまった。
作品中に、そこにいた人々の「存在」をリアルに感じて、見終えた後はひたすら哀しかった。
真っ黒になった画面。
それが「最後」だったのだと思うと、ただやり切れない。


★★★★
スポンサーサイト
14:00 : [映画タイトル]や行トラックバック(0)  コメント(2)
これはもしかして有名な俳優さんが一切出ていないという映画ですか?

9.11の後、いろいろ言われていますが、あの飛行機に乗っていた人たちのことを考えると、本当に忘れられない出来事ですね。

あの日、何人かの犠牲者がケータイから家族に電話をして、ただI love you.とだけ伝えたと聞いたのが今でも印象に残っています。それまで気恥ずかしい言葉のような気がしていましたが、今はなんてすてきな言葉なんだろうと思っています。

2006/12/23(土) 11:33:50 | さやの │ URL | [編集]

さやのさん、こんばんは♪
そうですね多分。有名俳優が一切出てなくて、だからこそ、本当の記録映画のようでしたよ。
さやのさんのおっしゃるとおり、あの飛行機に乗っていた人たちの事を思うと言葉もありません。
映画の中でも、みんな家族に最後の電話をかけて、決まりきったように「I LOVE YOU」と言っていましたが、それが一番伝えたい事だったのだろうと察せられ、ますます切なく泣きたくなるのです。

2006/12/23(土) 23:15:24 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL