FC2ブログ

ブロークバック・マウンテン

B000EXZA1Wブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション
ヒース・レジャー アニー・プルー アン・リー
ジェネオン エンタテインメント 2006-09-22

by G-Tools


監督:アン・リー
出演:ヒース・レジャー 、ジェイク・ギレンホール 、ミシェル・ウィリアムズ 、アン・ハサウェイ 、ランディ・クエイド 、リンダ・カーデリーニ


何度も何度も予告を見て、そのたびに正視できないような気分になり「絶対にこれは見ない」と思ってて、
と言うのも、ボーイズラブは決して見ないということはなく、漫画なんかもちょっとは読むし、「モーリス」とかも見たし、何が何でもダメってことはないんですが、どうも、本能的に「見ないほうがいい」って言う気分にさせられたと言うか。

だけど、やっぱり心底では興味があったのでしょうな。
というか、男女のラブロマンスを見る気分になれず、それならいっそ男女じゃなく男男のラブロマンスを見てみようと思い立ったのです。

しかし、見てみれば。
結構ハマります。
結局全編気持ちを逸らされることなく見入ってしまった。

冒頭、ブロークバックという山で羊の番をするバイトを一緒にする二人。羊ってほほえましい生き物だけどあんなに大量に集まると、ちょっと引きますね!(笑)でも、羊といっしょに山を移動するときとか、風景の美しさにまず目を奪われて、そこから画面に釘付け。

内容はある程度わかっている、というか男同士の愛を描いてあると言うのは知っているので、出会いの瞬間から主人公の目つきに意味深なものがあるのかしらとか、邪推しながら見るのも楽しい。(笑)
暴れ馬を乗りこなすのを見て「お♪」と思ったのか?とかね。

でも、結構唐突ですけどね。
ふたりが「そういう関係」になるまでの逡巡とか、葛藤とか「抱きしめたいのに行動に移せない」という苦しさや切なさがもっと欲しかったかな?

とは思うものの、そこはすっ飛ばしても、ふたりが「その」後をどう生きたのか、なかなかよく描けていたと思う。

わたしが特に好きだったのは、ブロークバック山を降りて二人はそれぞれの生活に戻り、結婚したりごく普通の生活を送り・・・
だけど、一通のはがきがその状況を破る。
「そっちに行く。返事をくれ」とジャックから手紙が来て喜ぶイニスの様子。これが泣かせる!
当日はいそいそと。窓から目を離さず。恋しいダーリンの到着を今か今かと待ちわびるイニスのいじらしさに胸がジーンとしてしまった。

予告では嫌悪感があったけど、覚悟が出来ていたからか映画本編では嫌悪感も全然なくて、すんなり見ることが出来ました。
心に残る映画だと思う。

★★★★☆
スポンサーサイト



23:27 : [映画タイトル]は行トラックバック(2)  コメント(5)
shortさん、お久しぶりです♪
「スターリングラード」にカキコさせて頂いてから、もうだいぶ経っちゃいましたが。
あれからもたくさんご覧になってるんですね♪
私もやっとblog始めてみたんです。
で、ささやかな記念の第一作目がこの「ブロークバック・マウンテン」でした。
shortさん、覚悟ができてたんですね(笑)
私も少し身構えてましたが(笑)、うん、本当に心に残る一作でしたよね!
TBさせて頂こうとしましたが、できなかったので、コメントのみカキコさせて頂きました♪
また伺わせてくださいね。

2006/12/11(月) 01:48:48 | lime-fizz │ URL | [編集]

へ~。なんだか興味津々。
その手のものは実写には興味なかったんです。
私の中ではBLはファンタジーなんですよね。リアルは嫌。
レオ様ファンの友人(BLも好き)が、彼の同性愛映画を観て、幻滅というか大笑いしたって言ってたのを聞いて、私もダメだろうと思ってたのです。(ちなみにレオ様攻めのおっさん受けというミスキャストだったようです(笑))
でも、BL好きじゃなくても楽しめる映画なら、チャレンジしてみたいです。
旦那の出張を待って観てみようかな。

2006/12/11(月) 06:35:46 | ブラッド │ URL | [編集]

lime-fizzさん、いらっしゃいませ。おひさしぶりです!来てくださってありがとう1
そして、ブログを開設されたのですね!おめでとうございます!
先ほど見せていただきまして「ブロークバック・マウンテン」の感想も拝見してきました。ふむふむ、と納得することばかりでした。またそちらに改めて伺いますね♪
で、覚悟・・・そうなんです。そのつもりで見たので、全然大丈夫でした。(笑)
それにびっくりするよりは、心情的な部分に引き付けられたと言うか。
うんうん、良い映画でしたよね♪
今後とも、よろしくお願いしますね^^


>ブラッドさん!!
あ、わたしも見ましたよ!「太陽と月にそむいて」。そう言えばあれもボーイズラブでしたね。相手役の男(詩人の話でした。ランボーと誰か・・・)の指がきれいだったのが印象に残っています。大笑い?はしなかったですよ。ひたすら当時はレオちゃまが好きだったしね(笑)。

多分BL好きとか、関係なく映画は良く出来ていると思います。
感想部分に書いたように、そこに至るまでの逡巡やもどかしさ切なさが描けてないのが、不満ではありましたが、それらの感情は「そこ」に至ってからもあったので。
オチがちょっぴり皮肉なのも利いていましたよ。
ブラッドさんはどんな感想を持たれるのかな。楽しみでもあり怖くもあり(笑)
また語らいましょ~♪

2006/12/11(月) 13:58:21 | short │ URL | [編集]

shortさん、再出現ですみません。
ダメもとでもう一度TBにトライしてみたら、出来ました~~~!!
という訳でTBさせて頂きました。
うちの方へもおいで頂いて、本当にありがとうございました!!
嬉しかったです♪
これからもどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

2006/12/15(金) 01:08:32 | lime-fizz │ URL | [編集]

lime-fizzさん♪
再度挑戦してくださったのですね。ありがとうございます。
わたしも出来るときと出来ないときがあるんですよ~。なんでしょね、これは。
またじゃんじゃん、お話させていただきます♪
こちらこそよろしくお願いします!!

2006/12/15(金) 21:13:49 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

ブロークバック・マウンテン監督 アン・リー出演 ヒース・レジャー  ジェイク・ギレンホール  ミシェル・ウィリアムズ  アン・ハサウェイ  ランディ・クエイド  リンダ・カーデリーニ2005年 ブロークバック・マウンテンで、イニスとジャックは、羊飼いの

2006/12/14(木) 11:11:53 | <花>の本と映画の感想

 2006年 アメリカ  監督 :アン・リー   ヒース・レジャー  ジェイク・ギレンホール   ただそこには一途に秘めた愛があるだけ。人に知れる事が死につながる…という命を賭けた愛を経験する人が、現代の私の生きている身近に何人いるで...

2006/12/15(金) 01:03:42 | Have a movie-break !