FC2ブログ

シャドウ/道尾秀介

4488017347シャドウ
道尾 秀介
東京創元社 2006-09-30

by G-Tools



道尾さんは初めて読む作家です。
冒頭からすんなり文章に入れて、そのまま一気に読まされました。
面白かったです!

主人公は小学校5年生の我茂凰介(がもおうすけ)。
癌で母親が亡くなり、父親の洋一郎との二人暮らしが始まる。
しかし、哀しい出来事はそれだけではなかった。
その数日後、母親の親友であった恵が身投げして死んでしまったのだ。
その夫は父、洋一郎の同級生であり旧友でもある水城徹。
水城の一人娘は、凰介の幼馴染であり同級生でもある亜紀。
不幸なことに、親を亡くすという同じ状況に陥った凰介と亜紀だったが・・・。

+++++++++++++

特に大きな事件性のある設定ではないのだけど、凰介がふとした拍子に見る幻のような光景や、父親の態度にどことなく不安を感じるらしい凰介の心理描写、おなじく父親に不信感を感じるらしい亜紀の心理、パソコンに残る「あるはずのない」ファイル、時々挿入される精神病患者の症状やレポート・・・などが、ミステリーな感じ。
人の心理なんかを淡々と追っているだけともいえる展開なのに、不思議と読者の心をわしづかみにして離さない。
逸らされることなく物語を読み進めていくと、ラストには驚きの真実が用意されていて、「やっぱりミステリーだった」という感心が沸き起こる。

また、この著者のほかの作品もぜひとも読みたい!
と言う気持ちにさせられる一冊でした!!

スポンサーサイト



20:14 : [本・タイトル]さ行トラックバック(1)  コメント(2)
TB失敗(T_T)。
面白かった。
次も読んだのね…『向日葵~』
感想は読まずに帰りまーす。
この方ホラーの出のようでほかの作品読むのがちょっとコワイな。
でも気になる…とっても!

2006/12/12(火) 21:44:18 | ユミ │ URL | [編集]

読みましたか!
面白かったでしょ。
向日葵、結構ホラーだよ。
読んだら語ろうね。
どっちかと言うとシャドウのほうが
わたしは好みでしたが。
ユミさんはどうかな?
「配達あかずきん」やっと予約したよ。
続編、評価高いよね。
楽しみ♪

2006/12/13(水) 11:13:19 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

COVER ILLUSTEATION:笹井一個。BOOK DESIGN:岩郷重力+WONDER WARKZ。 東京創元社ミステリ・フロンティア。 2004年、「背の眼」で第5回ホラーサスペンス...

2008/11/18(火) 23:59:32 | 粋な提案