FC2ブログ

ポセイドン

B000FPEMWMポセイドン 特別版
ウォルフガング・ペーターゼン カート・ラッセル ジョシュ・ルーカス
ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-10-06

by G-Tools


豪華客船が沈没するまでを描いたパニック巨編です。
30年前の「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイク。
オリジナルのほうが断然いい!と言うコメントを目にしていたので、あんまり期待しないで見たのだけど、それが良かったのかわたしはすごく面白かった。思わず息を止めたり、苦しくなるような緊迫感があってなかなか真剣に見入ってしまった。劇場で見たかったな。

豪華客船、沈没、となるとどうしても「タイタニック」を思い出すけど、ただ沈むまでにジャックとローラの恋愛を描いた「タイタニック」と違い、こちらは沈没から逃れて生きようとするサバイバルな部分に面白みがあり。

まず、主人公がカート・ラッセルということだけど、わたしはディランを演じたジョシュ・ルーカスのほうが良かった。かれは「ステルス」のときよりも数段カッコよかったです。特に≪油が燃え盛る水面に、ホースを持って飛び込んだとき≫に、ハートを鷲づかみにされましたな。うん、カッコよかった。その後もいい役どころで、最初に出てきたときの胡散臭さは何の布石でもなかったのがちょっと拍子抜けするほど(笑)。
娘の彼氏もカッコよかったけど、ディランの前にはまだまだ!って感じ。
カート・ラッセルが≪娘たち恋人を残して、犠牲になるくだりはオリジナルも同じ設定なんだろうか…アルマゲドンに≫似ていました。
それと、≪子どものピンチ、あれはもう良いです。絶対に助かるのが分かってるから≫ハラハラしないんだよね。

感動も目新しさも特にはないけど、最近のパニック映画の中ではかなり面白かったと思う。

★★★★
スポンサーサイト



21:29 : [映画タイトル]は行トラックバック(1)  コメント(4)
うふふ。私たち、同じ日に同じ映画の感想をupしていたのですね。仲良し♪
前にもお話したことがありましたが、この手の水で溺れるシーンのあるものは苦手な私。
観てる間中苦しかったんですけど、でもやめられない面白さでした。
CGなどの技術が進んでることもあって、すごい迫力でしたよね。

今回もTBはできませんでした。(T_T)

2006/10/15(日) 06:51:43 | ブラッド │ URL | [編集]

こんちは、ブラッドさん♪
面白かったですね!これ。思ったよりも面白かったんで、ラッキーでした。
ディランカッコよかったです。ブラッドさんは感じませんでしたか?
でも、あの食堂のにーちゃんは悲惨でしたね。主人公のカートラッセルにもビックリでした。最近良くある現象ですかね。
水のシーンは思わず一緒に息を止めちゃいますね!!(笑)
うん、苦しかった。あんなに息が持つはずないです…。
TBこちらからさせていただきました♪

2006/10/15(日) 22:08:50 | short │ URL | [編集]

30年前の映画がどういうものなのかよく分からなかったので、比べようがないのですが、これも面白かったと思います。映画館で息を止めながら見ました。大変でした(^-^;
この間テレビでやってたのは違いますよね?あれもリバイバル??

2006/10/18(水) 21:19:13 | さやの │ URL | [編集]

さやのさん、いらっしゃいませ♪
HNひらがなに変えられたんですか?優しい感じで良いですね^^いや、以前が優しくない感じだったというのではありませんよ。念のため♪

わたしも30年前のは見ていないと思うんですよね。たぶんCGなんかは今回のほうが迫力あるとは思うのですが。映画館でご覧になったのですね!これは劇場で見たら迫力もひとしおだったことでしょうね。わたしも劇場で見たかったです。久しぶりにパニック映画で楽しみました!
こないだテレビでやってたのは、たぶんアチラのテレビ用のドラマじゃないかと。MTVってやつです多分。間違ってたらごめんなさい。

2006/10/18(水) 22:58:31 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

パニック映画の先がけとなった1972年の『ポセイドン・アドベンチャー』をリメイク。原因不明の巨大波に襲われ、転覆した豪華客船「ポセイドン号」で、わずかに生き残った人々のサバイバルを描く。基本設定はオリジナルと同じだが、キャラクターや脱出までのストーリーは

2006/11/16(木) 04:11:55 | 1-kakaku.com